せんをかさねる

【2020/6/23】

6月23日

 

朝、霧雨。徐々に止み、午後晴れる。

気温も上がり、湿度高い。けど、気持ちよし。

 

アジサイの花も、徐々に色彩を落ち着かせ

お次は枝豆の季節、夏が近い。

 

 

6月に入り、すっかり更新滞り

頭で考えてばかりの日々過ごす。

 

いかんいかん、と書いてリフレッシュ。

描いてもリフレッシュ。風通し、換気。

 

 

近所のお初の店で、久々に髪も切り

(十数年ぶりに、違う人に切ってもらう)

週末は三ヶ月ぶりに、白い浜の海を眺め

波間をピョンピョンと跳ねる魚の影に、

「あれはきっとアジだ!」

と頭の中でスーッと三枚におろして満足。

 

 

足だけ入ると、海の水はまだ冷たい

けど、全身入って泳いでる人もいて、

もう泳ごうって思えるんだ、と感心。

 

選択ってのは、人それぞれ、特に今

どれが正解かは、わからない、から

自分の選を重ねながら、一歩ずつ前へ。

 

細い線を、いくつも重ねていく作業から

描き出されてくるものが、最近の楽しみ。

 

 

 

 

 

7/19「ナガイケジョー独演会 in 福島」再延期のお知らせ

【2020/6/21】

 

福島での独演会を再度延期とさせていただきました。

3月以降、開催を楽しみに待ってくれていた方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

自分の中でも色々な思いが戦っています。

 

徐々に観客の方々を会場内に入れてのライブも始まっている状況で

ガイドラインを遵守した形での開催も十分検討したのですが、

これまで感染拡大防止に努めてきたバンドとしての考えもあり、

今しばらくお客様を招いてのライブは控えようという判断に至りました。

 

日々変化していく状況をその都度見据えながら

皆さんが安心してライブを楽しめる日が訪れることを願いつつ、

独演会に関しては、今後配信でお届けする形も考えています。

もちろん、必ず福島でのライブも実現させます。

このたびは大変心苦しい選択ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

 

心揺さぶる低音に浸れる時間を

どうか今しばらく、お待ちください!

 

ナガイケジョー 

 

 

 

 

ミンガスを聴きながら

【2020/6/5】

6月4日

 

昨日に続き、晴れて暑い。

真夏日まで、あとちょっと。

 

 

ここのところずっと、

チャールズ・ミンガスを聴いている。

 

氏の自伝『負け犬の下で(Beneath The Underdog)』は

昔サラッと流し読みした、程度でスミマセンけども、

+植草甚一氏『ぼくたちにはミンガスが必要なんだ』

あるいは、教則本的な『More Than A Fake Book』辺りを

英語解読、むずいなぁ、と四苦八苦しながら。

読めば読むほど、コンプレックスの塊、みたいな人

 

 

豪快さと繊細さ、は、紙一重。だからこその、音楽。

イントロで、ちょろっと、ベースを弾く、その

吸引力が、凄まじいのに、いざ譜面に起こすと

あれ?これしか、弾いてないのか、簡単じゃん

でも、あんな感じに、なかなかならない、ふむ。

 

ザワついてくる、心が、カラダが。ニョキニョキと

地面から芽が、芽が、なんかの芽が、そこら中から

生えてくる、どうしても手が付けられない、生命力。

 

ミンガスさん、聴きながら、頭の中はアレコレと

グルグルと考えさせられてます、でも寝不足注意。

さっさと寝ましょ、いい夢を。世界中で、誰もが

安心して眠れる日が来ますよう、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

明日への、たたき

【2020/6/1】

5月31日

 

曇り。時折雲行き怪しくなるも

雨は降らず。

 

今週末は、岡山hoshioto

そして、トモフスキーさんと高知へ

行っているはず、だったのか。

 

星見られたか、我に返るスキマ埋めたか

今頃、高知のご返杯マナーで

ぶっ倒れてたかも、カツオのタタキ

いいね、でも叶わず家でサザエさん。

 

昼過ぎ、いつもの散歩道。

 

空気がペタッと張り付くような

止まっているような感触、これ

風が吹いてないからか、珍しく。

 

畑では人参収穫の真っ最中、

一人がせっせひっこ抜いて

横たえて並べていったもの

三、四人がかりで、葉と根

ササッとカット、手際よし

ちゃんと距離とっての作業

おじいちゃんおばあちゃん

大活躍、おつかれさまです。

全部手作業、大変ですねと

眺めていたら、スタスタと

近づいてきて、ホラやるよ。

採れたて、いただきました。

 

 

 

明日から6月。

 

3/1 に四日市でライブをやって以来、

ライブ活動は一旦おやすみグッナイ。

3/27に無観客での配信ライブやって

4月頭に緊急事態宣言発令。

4/21から毎日日記的にブログ書き、

G.W.も経て、あれよあれよと過ぎて

5月最終週に、緊急事態宣言が解除。

今に至る。

 

6/1から世の中、色々動き始める。

幸多く、あらんことを、願いつつ

勝手に毎日更新を義務付けていた

こちらのブログも、ペース戻して

ひとまず毎日、は、一旦おやすみ。

 

継続は力なり、なんらかの力には

なったのか、ご愛読サンクスです。

 

夜更けのこの、自身と対峙する時

藁が焼けた煙で、燻されるような

外側はこんがり、中はしっとりと

旨味が増し増し。タタキのごとく。

食べたい飲みたい、もちょい我慢。

 

未来へのアイディアの、タタキを

徐々に、組み立てて、行かねば。ね。

 

 

 

 

 

 

5月30日

【2020/5/31】

5月30日

 

晴れ。暑い。夏。

 

昼過ぎ、東の空

彼方から雷轟き、

来るか来るのか

で、結局、来ず。

一日、晴天続く。

 

夕方、散歩。

 

田園風景の中

風吹き抜ける。

 

5月も終わる。

県道には車の列。

高速へと乗り降りする

車が描くカーブを

高台から眺める。

皆、どこへ行くのか。

 

畑には、背を伸ばす枝豆の苗

とうもろこし

トマト

じゃがいもの花は紫色

人参畑は収穫の季節。

昨日まで整然と並んでいた緑の葉の列が

マシーンで一気に刈り取られ、何もない

畑の地肌に戻る。細かい細かい砂の集い。

 

犬の散歩をする人

すれ違うときの

微妙な距離感

会釈する人しない人。

 

アジサイが咲き始め

ついレンズを向ける。

風が揺らしてブレる。

 

 

夜、夏の虫たちの声

ジージーと、先取り

ずっと聴いていたい

鼓膜を心地よく刺激。

 

たまたま耳にした音源が

とても好きな感じ、素敵

ベースいい音、これこれ

この感じで録りたいのよ

楽器そのものの、違いか

アンプか、録音技術か、

腕の差か、むぅ、いい音。

出会えて嬉しい。得した

気分、SNSグッジョブよ。

 

と、そんなこんなで

もうすぐ6月。時は流れる。

 

 

 

 

 

 

シマンドル

【2020/5/30】

5月29日

 

晴れ。暑い、空が眩しくて

クシャミを一つ。クシュン。

 

 

「シマンドル」という

コントラバスの教本があって

ひたすら音階の練習をするもの

ドレミファ…のような並びを延々と。

まだまだ初歩、白玉とにらめっこ。

ただ、やはりうまくできたもので

ちょっとした音の並びの変化で

あぁ、ここ、ステキ、という箇所が

随所に散りばめられている。

そこを通過するたびに、グッとくる。

ほんのちょっとの変化だけで、いい。

 

 

童謡にしても同様で、

簡単な音の並びの中に

泣きのポイントがある。

 

簡単なものを、深く。

 

そして、丁寧に音を鳴らすこと。

 

メトロノームに合わせて

のんびりと、ゆったりと。

 

 

 

だからかこの教本、

遅々として、進まないのです。

 

 

 

 

 

 

 

ベーササイズ

【2020/5/28】

5月28日

 

晴れ。

穏やかな、まだ春の日、といってもいいのか、

春と梅雨の間の、湿気が手ぐすね引いて待つ

夕方、雨降り始め、時折強く降る。

空気が入れ替わったか、夜、少し冷える。

最近、缶ビール(風の、リキュール 発泡性)は

常温で。なんとなく。

 

運動不足にならぬよう

意識して体を動かすも

なかなか続けるの難しい。

ライブの時のように

汗がダラダラとこぼれ落ちるまで

熱中したり、意識を注ぎ込めるもの

日常生活の中には、あまりないのだ

ということに、改めて気が付いた。

そこで、

ライブの時のような動きでもって

家でもベースを弾いてみる、

ベースでエクササイズ。

レッツ・べーササイズ。

まぁなかなか気分は、いい。

うん、楽しい。

けど、ダラダラ汗かく、までには

やっぱ遠いなぁ。

 

 

弾いてみた

【2020/5/28】

5月27日

 

朝、曇り。

 

一時、ポツリと雨粒落ち、

むむむ、空とニラメッコ。

にらみが効いたか、

のち降らず。太陽顔出し

山椒邸宅の幼虫も顔出し

ガチャピン感、着ぐるみ

じゃないの?生命の神秘。

 

 

緊急事態宣言が解除され

世の中若干、緩みムード

なのか、外見てないから

わからず、引き続き自宅。

 

SNS上で、ベース大好き

15歳の女子、演奏動画流れてきて

心洗われた。上手だし、楽しそう。

「弾いてみた」

いい顔で弾く、それが一番、魅力的。

 

16歳からベース始めた身としては

羨ましい、SNSで発信する、意義。

 

このフレーズを、弾けて嬉しい

という、感触を、忘れないよう。

 

自分にとって、

それはどんなフレーズだったか

思い出したりしながら、むふふ

 

「弾いてみた」、弾いてみてる。

家で、こっそり。まだ、STAY HOME.

 

 

 

 

 

勘を頼りに

【2020/5/26】

5月26日

 

小雨ぱらつく。

 

ベース弾いたり
調べものしたり
手続き手を焼き
トロトロと徒労
の末ジ・エンド
一日が。はやい。

 

大学の卒論書く時、
資料が豊富にあったために
都立中央図書館に日参してたこと
ふと思い出した。
広尾。有栖川宮記念公園。
2003〜04年頃、
ちょうどマツキ氏の体調不良により
ライブができない頃で、
時間もあり、夢中になって
ひとり資料集め。
黙々と、そういうの、好き。

 

家にパソコンもなく、
スマホもなく、
勘を頼りに、ページをめくり。
コピー取って、返却して
ぷかぷかタバコふかして。
帰り道にふらり
飲み屋に寄ったりすることもなく(健全)
あの頃、家で何食べてたんだろか?(一応、自炊)

 

学校のPC使って、
データは、フロッピーディスクに保存。
予備に、もう一枚。

 

時代はすっかり、変わりましたね。

 

生きてく勘、
鈍らないように。

 

過去から、今へ
常に、変化の中。

 

 

 

 

 

ストップ&ゴー

【2020/5/26】

5月25日

 

本日も晴天。日差し、強い。

5月も最終週に入り

緊急事態宣言、全面解除へ。

新章の、始まり。

 

動き出して、また止まる。

一呼吸おいて、また動く。

ストップ&ゴー

止まる時は、もたつかず

潔く止まる。動き出す時、

すっと立ち上がってゆく。

 

リズムを際立たせるベースは、

そんな感じ。

糸引くような、ぬるっとした音も好き

でも、いざって時は、ピタッと止まれ。

 

止まるのは、勇気がいる。

みんなが勇気を持って、止まった結果

ひとまず今が、あるのでしょう。

 

 

メトロノームをカチカチ鳴らし

音を切ったり、伸ばしたりする

地味な練習、略してジミレンを

今日は延々と。音の粒、そろえ。

そろえよそろえ、恐る恐るじゃ

意味なし。思い切りやれ、ピタ。

 

止まりかけてた、ベーマガ連載

コラムの継続版を、noteの方へ。

 

https://note.com/joenagaike

 

今まで、仕事として書いてきた

11年間続けてたきたものなので

ブログと混同させるのも、なぁ

と、ちょっと舞台を変えてみた。

 

ブログとnoteで、何をどう分けるのか

まだあんまり見えてはいないのだけど

どちらも楽しみながら、色々書いてけ

ひとまずそんな感じ、始めてみました。

 

動いたら、また止まる。

止まったら、また動く。

潔く、歯切れよく、ね。

 

その連続で、リズミカルに

日々を豊かに紡いでいきたいものです。