配信独演会と、まんまるな演奏。

【2020/9/14】

9月14日

 

朝、霧雨。

熱を感じさせない、秋の空気。体が、動く。

 

午前中、土いじり。

ザクザクと鍬で掘り起こしたり、均したり

畝一つキレイに作るのも難しいもの。

経験値。種蒔き、芽が出てくるのか?

 

昼、配信版独演会の告知。

 

10.8(木) お馴染み三茶はGFMにて。

108つの煩悩の日(?)

お祓いor取り憑かれるのか?

ワクワク続々、いや、湧く湧くゾクゾク。

 

前回前々回と、バンドでのGFM配信ライブ経て

あの空間でひとり、ポツンと独演している画を

イメージして、自分でちょっと観てみたいなぁ、と。

帰りがけに店長さんに少しお話しして、

いくらでもやれる形で協力します、と力強いお言葉。

 

GFMでは、フリーセッション3回ほど

「好きなように演奏してみせよ」

というお題のみの自由演技で、それなりに鍛えられ

バンド以外のとこでも、出会い&チャレンジできる場。

 

有観客でも可能、という昨今の状況もありつつ

全くの無観客おひとりさまで、拍手も何もない

孤独なステージを体感できるのも、今しかない

(もっと早くにやれれば良かったかな、だけど)

あと、有観客での独演会は、やはりずっと延期に

なってしまっている福島でできたら、という思いもあり

今回は、ヒリヒリ緊張感(もしくは、リラックス感かも)

の、無観客で。独演会の真骨頂、か。湧く沸くゾクゾク。

 

さぁ、そうと決まれば、準備準備。

毎日にハリが出る、リハやれやれ。

 

「知らないことで真ん丸なのに

知ると欠けてしまうものがある」

(パスカルズ「6月の雨の夜、チルチルミチルは」)

 

 

ずっと真ん丸ではいられないから

欠けて欠けて欠けて、欠けた先で

また満ちて、真ん丸。まる。◯。

 

禅の教え。円相。そんな演奏を。

 

 

 

ゆびびき舎と、罪深きバンドサウンド。

【2020/9/10】

9月9日

 

晴れ。まだまだ夏の日差し。

 

4月以降の”STAY HOME”期間から

個人のグッズを個人で受け付けて通販

音源も制作したり、とやってく中で

ふつふつと芽生えた、通販ショップ開設。

 

色々検索、やるかやらぬか

考えててばかりでぐったり

それももったいない、ので

始めました、「ゆびびき舎」

 

https://yubibikisha.thebase.in

 

ゆびびき、って響きが好き

漢字にすると、指弾き

知らない人からすれば

指弾されるの?なんか怖い

でも、ひらがなにすれば

ゆ び び き

形も奥ゆかしく、和らぐ

曲線の美か。

 

 

手ぬぐいは柔らかな風合い

ゆびびき、の響きに合う

また音源やZINE、その他

イラスト描いたり、何やかや

少しずつ面白いもの&こと

作っていければ、とそんな昨今。

 

自分から動き始めれば

それが引き金となって

あれもこれも、動かなきゃ

という気持ちになってくる。

 

常に流れて

流れの中、

淀みに浮かぶ泡沫

プクプクと泡立って

かつ消えかつ結びて

と、風流ぶってても仕方なし

流れ、作ってこう、自分なりに。

 

 

昨日はバンドで久々のREC。

 

マツキ氏のディレクション

演奏はなるべくシンプルに

メロディーと言葉、

つまり”歌”を最優先に。

 

スタジオで演奏する

ヘッドホンから聞こえてくる

自分の演奏を聴きながら

あぁなんかいつも通りだな

と思う。

 

リズムの取り方、フレーズの滑らせ方

もっとシンプルに

変にこねくり回さず、

どっしりと、長い音符で

芯のある音を、鳴らすのだ。

 

盛り上がるところ

ここはいつもだったら

上に駆け上がってた

を、ぐっと我慢

余白を残す、歌声よ羽ばたけ。

 

で、本日歌入れ。

こんなご時世、スタジオには集まらない

ミックス作業もお任せ、

後から自宅リモート確認。

 

送られてきた音を聴いて

その音の良さ(表現が月並み過ぎ)

ドーンときた音像に

わ、バンドだ!

これは、、、スクービーだ!

という、ある種当たり前のサウンドに

何だか異様に感動して

立て続けに四、五回聴いてしまった。

 

自分の音も居心地が良さそうに

のびのびと聞こえる。

周りの人、みんながプロでした

そっか、そうだったのか

みたいな、気分。今さら。

 

全部を自分一人じゃできないんだ

バンドサウンドの魅力、

取り憑かせる、その罪の深さ。

そんな当たり前のこと。

今も書きながら、聴いている。

すでに旧曲か、ってくらい

純度100%のスクービー印。

 

あ、アレあの後、

もう一回ミックスやり直したから

って、次会った時に言われたら、笑うけども。

 

 

 

ジャムれば、楽しい

【2020/8/28】

8月28日

 

晴れ。まだまだ残暑健在、これって酷暑。

冷房の風全開の車内、カーステのボリュームも上がる。

 

リハへの道のり。

ジャズから始め、ビル・エバンス。

エディ・ゴメスのベースは忙しい。

小股で坂道を駆け上がっていくような

夏期集中特訓、みたいなフレーズ多数

(つまり流麗、とも言える)

今日の気分にぴったり(どんな気分?)

練習したくなる。

 

銀座辺りまで来たところで、

ポール・チェンバースにチェンジ。

ベース・オン・トップ。

 

コントラバスの弓弾き、重厚。

大股で一歩、なるべく遠くまで行きたい。

歩幅合わせて、呼吸合わせてせーので進もう。

信号ごとに赤、足止めくらうね

2020年みたいな下道TOKYO。

急がなければ、なんてことはない。

結果、3分くらい遅刻。

 

音を合わせるのは、楽しい。

ベースって楽器は特に、

本来一人で弾いて満足できる楽器じゃない。

 

前に吾妻さんトリオの配信ライブで

ベースの牧さん

「家でクリックに合わせて練習してました」

に、吾妻さん一言

「あんた、それ、つまらなさそうだねー」

 

そう、クリック練って、大事かも

だけど、面白くはない。

面白さを見つけようと努めること、

それも大事(だけど)

演奏のアラとか、ヨレとか

見たくないものとこんにちは

初めまして、でしたっけ?

不安になることばかり

はー練習練習、そっからの一山ふた山。

越えて超えて、天城越え。

あなたと越えたい

みんなで演奏すれば、楽しい。

 

帰りの道中では、

棚からひとつかみ。

くるりの「音博2011」のDVDを流す。

石川さゆりさん、天城越え。

鬼気迫る、鼓の音が響く。

あの音

勝負の時って、気持ちが高まる

ポン!いざ

ポン!進まん

ポン!この道を

 

決まって渋滞する、船橋の道。

足止めのトラフィックジャム。

ジャムろうぜ、って今みんな言うのかな

(一緒に演奏しようぜ、の意)

 

アナログフィッシュ、ピーズはるさん、

そしてフラカンの横アリと

最近配信ライブ目白押し

それぞれいろんな魅力

ジャムってこう、配信無観客

電波の向こう、たくさんの目と耳

心、感情。動いた動いたマイハート。

恋は電波に乗って、これはジュディマリ。

JAMだね、次のドライブはそこら辺で行こうか

This is a Modern World、それはThe Jamだぜ

リッケンバッカー、アンプ直で。

オーバードライブ。走る雲の影を。

 

さて。

 

来週31日は、納涼配信ライブ。

アップライト気合を入れて、

届けましょう。汗かいてこう

電波の向こう、それぞれの思いを乗せて

ジャムろうぜ。楽しみましょう。

 

 

いつもの、ちょうだい。

【2020/8/23】

8月23日

 

午前中、雨ぱらつく。

 

昨晩の雷雨で空気も若干、秋モードへ

気温も30度を切ったとか。

 

昼前、近所を散歩。

 

畑は主に秋以降へ向けた、土づくりの時期。

スズメの群れがしきりに何かをついばんでいる。

 

午後、ふと思い立って、部屋の模様替え。

 

重たいテーブルの位置を動かしただけで

ちょっと気持ちが軽くなった。

 

夕方、以前にいただいていた

ベーマガ最新号をパラパラと。

 

あ、まだ読んでなかった、と

ウエノさんの連載対談コーナー

今回はザ・コレクターズのコータローさんがゲスト

場所は池袋”いつもの焼きトン屋”(あー行きたい!)

 

そこで得た至極の金言

 

コータロー「ギターも、”古市コータローまたこの音かよ”って、

その”またこの音”ができないんだって。一番難しい。」

(『ベース・マガジン 2020年8月号』「ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ」より抜粋)

 

重みがあります。励みになります。

 

以前、Fenderさんのムービー撮影「Why We Play?」の打ち合わせの際に、

 

”この後、コータローさんのムービー撮影があるんです”

 

ということで、あらら奇遇ですね、一言ご挨拶させてください

あ、スクービーのナガイケです、ご無沙汰してます、な流れから

コータローさん、こういうの(撮影)やるんですね、で曰く

 

”でも、たいして弾かないよ。弾き過ぎるのは、ダサいから”

 

お、おぉ…! ですよねぇ…

(そうは言っても、まぁそれなりに弾くんだろうなぁ)

なんて、勘ぐった私が未熟でした。

出来上がったムービーがコチラ。

 

 

ホントに全然弾いてない(!)

 

いや、むしろ、この、

 

ポロローン、、、うん、いいね、これがFenderだよね!

 

だけで、伝わる。説得力。さすが、若旦那。

 

かたや、その数日後の私。(弾き過ぎ)

 

 

でも、それでいいの。

だって、そうしたいと思ったのだから。

 

 

なーんて話を、なんでもない音楽談義を、

さすがコータローさん、かっこいいわー

みたいな話を、

ここ数ヶ月、誰ともしてなさ過ぎて、悶

 

PCにベース繋いで、なんか弾いてみて

ナガイケジョー 、またこの音かよ

ってなって、うーん新しさないなぁ、悶

 

だから、先日

REC参加したDIALOGUE+の配信ライブで

プロデューサーのUSG田淵くんが楽曲解説の際に

”ここ、ナガイケジョーのベース!”

と、いちいち触れてくれて、嬉。

(25日にも配信ライブあるみたい)

 

ナガイケジョー 、またこの音かよ

 

でも、それでいいの。

だって、そうしたいと思ったのだから。

 

変化することを恐れず

結果、変化しなかったとしても

そんな自分を肯定しよう

(24時間TV的発想)

 

 

冒頭、高橋尚子さんが

一生懸命に、笑顔でもって

チャリティーランへの思いを

語っているシーンを見ただけで

泣けた。(涙モロクなりますね)

 

 

今は何よりもまず、

池袋のいつもの焼きトン屋

は、まだ我慢できるとして

西船のいつもの焼きトン屋

煙たいカウンター前に座って

ボール大と煮込み、あとモツ焼きセット塩で

頼みたいなぁ。大きな声で。

 

 

 

 

OBON

【2020/8/14】

8月14日

 

晴れ。連日の猛暑日。

 

お盆休み、例年なら

ライジングサンや

その他イベントあったり

なかなかあの世と

向き合う機会も乏しく

今年はずっと家にいるので

各所ご先祖様や友人知人各位

ゆっくり顔を思い浮かべてみるのも

有意義な過ごし方なのでは

そんなことを思いながら

近所を散歩

夕暮れ時になれば

多少は暑さも和らぎ

何気なく頭に浮かんだ友人との

一夏の思い出が脳裏をよぎった時

つい最近建ったばかりの新築物件

そこに貼られた入居者の苗字が

その友人と同じもので

はぁ繋がるもんだ

そろそろ墓参りの季節

来週いつ暇?

だいたい暇。

高校生の頃みたいだ。

じゃ学校終わったら

ベース持って行くわ。

 

 

 

 

くちびるがしおからいぜ

【2020/8/13】

8月12日

 

晴れ。酷暑。

 

蝉が猛烈な勢いで鳴く。

 

千葉。某所。

 

午後、雷雨の予報も

まとまった雨は降らず。

 

昨日、夕暮れ時に近所の海へ

強風波打ち際、髪の毛が逆立つ

ぬるま湯みたいな、海水。

このまま海に飛び込んでしまいたい

衝動を抑え、ノンアルでこらえ

寄せては返す波の音に、癒される。

 

 

あの海、良かったなぁ

だーれーもがあー wow…

なんかこれって

ビーチボーイズ

反町な竹野内な、気分

今日も行きたい

せめて海に行くくらい、許してNO密。

 

昨日とは打って変わって、

風も波も穏やか。違う表情。

 

 

遠くで魚が跳ねただけで

興奮する男子の群れ

砂浜でブレイクダンス

あのコいかしてるね

 

みんながみんな

それぞれの形で

狭っ苦しい夏を

精一杯謳歌している。

 

すみません、写真撮ってください

スマホ渡して、出来るだけ寄りで

お願いします

男子四人、海入って肩組んで

ちょっと恥ずかしそうに笑う

 

おいおい、唇が塩辛いぜ 

はい、何枚か撮ったんで確認してね。

 

ありがとうございます。

 

夏の太陽は等しくみんなを照らして

優しい言葉をかけるべきか否か、を

ずっと考えてる、みたいな、波の音

その音を聞いているだけで、

もうすっかり励まされてしまったよ。

 

 

 

夏季の日の書きかけ

【2020/8/9】

8月9日

 

連日の晴れ。猛暑続く。

昼前、黙祷。平和祈願。

 

ステイホームRECの音源通販も

ありがたいことに多数お届け。

日々の低音不足に低音補充、

感想もいただき、ふむふむ

皆さん思い色々、サンクス。

ZINE+音源。

引き続き、通販受付中。

→joenagaike.jb1974@gmail.com

 

 

暑さで、思考停止気味。

夕方に水をまけば、涼。

つかの間、すぐに乾き

蝉時雨。

不思議と騒々しさはなく、

耳にやさしい。

今年も夏真っ盛り。

 

とある夏季の日の書きかけ、下記。

 

 

8月5日

 

晴れ。

 

いつ梅雨が明けたのか、

ここのところずっと猛暑。

 

先日のベーマガWEBにて

吉田一郎くんのこちらの記事に感化され

久々にベースをメンテに持っていく。

 

今、欲しい、予算10万円の機材選び−吉田一郎不可触世界

 

PLEKという

楽器のレントゲンみたいな

ネックの状態や弦高などを

数値化して

微小なズレを修正していくメカ

そいつ+

楽器テックH氏の技術を駆使して

ミリ単位で調整を施してく様は

なんだか有無を言わせぬ説得力。

 

MY ジャズベ。

は、あんなルックスの割に

常に状態は良好で、案外頑丈にできてんだ

ラブミーテンダー

調整経てまた、よくなったんじゃないか。

 

都内、工房へ、向かう旅路

なんとなく手に取った

往路、フラカン武道館

復路、怒髪天武道館

をBGMに、贅沢なドライブ時間。

 

あの日の感動がよみがえる

というよりか、

今日聴いても、ドキドキする

声のカスレ、時の経つのもワスレ

涙ナガレ

もう大人なのにね、笑っちゃうね。

 

どちらの音源も

今日聴くために

あったのかなー

って、思ったり

 

聴き比べると、音の作りが

結構違うんだなぁ

なんかあれこれ思うこともありながら

全体的に、うるうるしながら

(世界ウルルン滞在記、って昔ありましたね)

ハンドル握りながら、

早くみんなに会いたいなぁ、と

いろんな人の顔を思い浮かべた

そんな一日。

 

 

で、また8月9日。

 

今日は夜、秋葉原CLUB GOODMANからの

ライブ配信、アナログフィッシュを観たり。

 

秋葉原には特別な思い入れ。

何しろ永池少年、高校時代に

GOODMAN横のスタジオリボレに

ひとり足繁く通っていた過去。

スタジオのテレキャスターを借りて

一人がなったり、ドラム叩いたり。

 

ここのドアを開ければ、ライブハウスなのか…

というドキドキが、ありましたよね。

(結局当時、入ることはなかったけども)

 

一つのライブハウスが終焉を迎えること

それはとても寂しいことだけど

MCで下岡くんが言っていたように

続けてればこの先またどこかで会える

新しく始まることもあるのでしょう、

そして、抱きしめて、やはり名曲。

 

健太郎くんとの二人旅、去年の今頃。

懐かしいな、お互いによく、飲みましたね。

この旅路の前に、二人で作った音源が

今回のひとり音源制作のひとつの指標。

ひとつひとつ経験重ねて、育ってく。

 

 

 

STAND ALONE

【2020/8/2】

8月1日

 

晴れ。

 

絵に描いたような空の青と雲の白。

いきなりの夏空。

ただまだ風は爽やか、

うだるような暑さ、ではない。

 

午後、自転車をこいで近所の公園へ。

例年なら子供達がじゃぶじゃぶと遊んでいる人工池も

今年は干上がり、立ち入り禁止。人もまばら。

寂しいけども、

それはそれで、よくもあるか。のんびり行こう。

 

ちっちゃな川に沿って、歩く。

メダカやザリガニの影を探して、しゃがみこみ、蚊に刺される。

全身全霊の、蝉時雨。もう夏なんだなぁ。

 

ここのところ。

 

自宅で録っていたひとり音源

ようやく完成(させた)

音のバランスやら諸々調整

一朝一夕ではいかないことばかり

自分なりに試行錯誤しながら

仕上げたもの、そればかりを聴いていて

うん、いいぞ、オレは好きだぞ、この感じ。

 

で先日、とあるお呼ばれREC、ありがたや

で、ベース弾き、久々にみんなでせーの

で、鳴らした音の歓びたるや。

(ソーシャルディスタンス確保できる、大きいスタジオ!)

 

ドラムもいて、ギターもいて、鍵盤もいて、

歌う人がいて、その底辺にベースがいる、という構図

あら、いいですね。なんか、ベースって、いいよね

ってかドラムもね、それ言っちゃギターもね、

いや鍵盤もじゃね?そもそも歌がいいから、、、

みたいな、そこんとこはまたお知らせができる時に改めて。

 

翻って、テメエの”STAY HOME”録音盤

その名も「STAND ALONE」

 

ベースが、上も下も、頑張り過ぎ。だよ。

でも、そういうのも、いいじゃない。

イッツ・ミー。全部、自分。まろやかな音、だね。

いやでも、トガってもいる。そう、イッツ・ミー。

 

7月に延期公園を開催予定だった福島独演会が再延期になったのを受け

個人で通販受け付けます、と

まずはバンドのファンクラブ内でお知らせし、

ただいまひとりでそちらの対応に追われてる最中でもありつつ

(サンクス!)

以前にインスタで8/1より音源の通販する、と大見栄を切った手前

こちらのブログをご愛読いただいていると思しき

全国数●人の低音フリークな皆さまにも、通販のお知らせを。

 

下記、お知らせの文面になります。

諸々グッズにご興味ある方は、

joenagaike.jb1974@gmail.com

まで、まずはおメール、ください。

返信迅速、否、お時間いただいてます。

あしからず。

 

 
手作り音源『STAND ALONE』(4曲入りCD-R&カラー36ページZINEセット) ¥1,600
(収録曲)
1. STAND ALONE
2. RINGING
3. 酔いの宵
4. 猫の歌 [Live@渋谷7th Floor 2019.12.02]
ナガイケジョー初となるホームレコーディング盤。
ベースと歌はもちろん、チェロや口笛、
そして身の回りにあったアレやコレやを楽器に変えて
新たに録り下ろされた三曲に加え、
昨年12月渋谷での独演会でのスリリングなライブ音源一曲を収録。
全演奏&歌&アレンジ&録音ed by ナガイケジョーな、まさに音源版独演会な一枚。
(こちらの音源は、CD-Rになります)
そして、そんな ”STAY HOME” な制作期間中に
日々更新していたブログ掲載のイラスト&文を中心に構成された
こちらも自身初編集となるZINEとセットでお届けします。
もちろん新たに描き下ろしたイラストも収録。
全カラー36ページ。
糸ミシン中綴じ&柔らかな質感の紙質にもこだわった
「こんなの作ってみたかった!」(本人談)な一冊に仕上がっています。
※こちらはZINEの試作版。
mihon_zine.jpeg
※サンプルを作るのも、楽しい作業でございました。
]
mihon_zine2.jpeg
 
■「30匹の猫」Tシャツ(白)  ¥3,000
2020年猫カレンダー用に描き下ろした「30匹の猫」イラストを胸元にドカッとプリント。
「みんなちがって、みんないい」
夏に映える爽やかなホワイト猫Tシャツです。
サイズ: M / L / XL   ※Sサイズ完売致しました。
全サイズ残りわずか→ご希望多数の場合、再販します。
5.6オンス(United Athle 5001-01 使用)インクジェットプリント
(S : 身丈65cm・身巾49cm・肩幅42cm・袖丈19cm)
(M : 身丈69cm・身巾52cm・肩幅46cm・袖丈20cm)
(L : 身丈73cm・身巾55cm・肩幅50cm・袖丈22cm)
(XL : 身丈77cm・身巾58cm・肩幅54cm・袖丈24cm)
200728_catt.jpeg
200728_cat2.jpeg
※ナガイケジョー 着用 Lサイズ
mihon_catt.jpeg
 
 
ダラケ猫だらけ手ぬぐい (黒 / 黄 ・サイズ 90cm×35cm) 各¥1,500
だらけた猫の姿が、見る者に脱力を促す絶妙なバランスで配置された手ぬぐい。
その念力に誘われるように、ベースのネックも心なしかグニャリとだらけ模様。
クールな黒と、ナガイケジョー愛用のジャズベースをほんのりと彷彿させる黄色の二色をご用意。
200728_tenu_b2.jpeg
200728_tenu_y3.jpeg
200728_tenu_blk4.jpeg
200728_tenu_y4.jpeg
※裏面までしっかり染まっています。
200728_tenu_b1.jpeg
200728_tenu_y1.jpeg
■57mm缶バッジ2個セット 各¥500
定番の57mm缶バッジシリーズ。
今回は、「猫ものセット」と「ベーシストものセット」の2種類をご用意。
シンプルなモノトーンのイラストが、心地よい温度感で、さりげなく日常を彩ることでしょう。
「猫缶バッジセット」¥500
mihon_bdg_cats.jpeg
「ベーシスト缶バッジセット」¥500
mihon_bdg_bassist.jpeg
■復刻LIVE盤CD-R『ナガイケジョー独演会 at 札幌ペニーレーン24  / 2016.12.03』¥1,000
2016年12月3日に札幌ペニーレーン24にて開催されたSCOOBIE DOワンマンライブ
その名も、「ナガイケジョー生誕祭」。
そのオープニング・アクトとして披露された「ナガイケジョー独演会」の模様を約24分ノーカットでお届け。
改めて聴き返してみたところ、独演会とは思えぬ(?)異様な興奮に包まれたライブ音源で、
もう一曲オマケで収録された「こごと(つぶやき ver.)」の初々しさとも相まって、
なんとも愛くるしい一枚となっております。
(こちらの音源はCD-Rです。また以前、独演会会場で販売していたものと同じ内容になります。)
(収録曲)
1. ナガイケジョー独演会 at 札幌ペニーレーン24
2. こごと(つぶやき ver.)
mihon_cd_sapporo.jpeg

たんたんと

【2020/7/11】

7月11日

 

午前中、晴れ間。

あれ、今日晴れるの?

雲の流れが早い。

昼過ぎ、まとまった雨。

から、また空明るく。

一日、その繰り返し。

 

 

夜、弦を張り替える。

「世にも奇妙な物語」

今回もまた見てしまった。

 

こんなのんびりテレビ見たの

なんだか久しぶり。ファン、だね。

 

明日は3/27以来、久々の配信ライブ。

楽しみましょう。

 

昨日、数ヶ月ぶりにリハ入って

音鳴らし、やっぱそれなりに

疲れたのか、寝落ち、してたので

昨晩書いていたもの、ここに掲載。

 

早く寝なきゃ、だ。眠らなきゃ

お休みなさい。よい夜を。

 

 

7月10日

 

朝、小雨パラパラ。

連日の梅雨空。

 

久々リハ、のため東京へ。

道路混雑、いつもの下道。

 

渋滞を抜け、もうすぐ夢の国

というところで、道路が新設

あれ?っと高架を上ってくと

以前より夢ランドのホテルが

はっきり見られる角度で迫る。

 

357、浦安ICのとこ。

 

こんな短期間のうちに

道路を作っている方々

いらっしゃったのね、

なぜか胸が熱くなる。

 

いつものスタジオ。

約三ヶ月ぶり、でも

特に挨拶&会話もなく

それぞれセッティング

じゃ、やりますか淡々。

 

タンタン、ドラムの音。

皆で音を出した瞬間が

あまりにいつも通り過ぎて

あーいつも通りだなー、と

特にそれ以上の感慨を覚えることもなく

ただ演奏の端々から

各々、ちょっとだけ興奮してる感じ

伝わってきて、うん、わかるなぁ、ふふ。

 

一通り合わせて、あとは当日。

 

7/12日曜日、配信ライブ。

サマータイムな感じで15時から。

ぜひ同じ時間、共有しましょう。

 

帰りは、ちょっと道を変えて、のんびり。

 

信号待ちの交差点で、ぼんやり眺めた先

幼児の手を取るお腹の大きい妊婦さんが

ゆっくりゆっくり、横断歩道を渡っていて

大切なモノ、ヒト、守るには、

歩調どんなに遅くなっても構いませんよ

右折しようとする軽トラと、その歩く姿

そのスピード感の対比が、やけに眩しい

うん、今は大事に、ゆっくり行きましょ

この今を、守れるのはアナタしかいないのだから

ゆっくりゆっっくりゆっっっくり、で。

なんだかまた、胸が熱くなる。

 

久しぶりに、外に出たからか

眼に映るもの、すべてが刺激

いつの間にか、雲から晴れ間

ちょっぴり、気分も晴れ晴れ。

 

帰ったら、発注してたブツも届いていた。

 

 

猫&ベース手ぬぐい、第二弾。

これ、イイと思います。嬉々。

 

再延期になった、7/19福島独演会

それに向け、作っていたモノ=グッズ。

 

そこまでに音源も、と

3曲ほど、制作、まだ未完。

今日も車内で聴きつつ

もうちょい、ココ直そうかなぁ

と、またチラホラと。終わらず。

 

 

こんなことじゃ、いつまで経っても

日の目見ず、なのでひとまず7/19

メドに、納得いく形でできたなら

その他グッズとともに、お知らせさせて、ね。

ということで、勝手に発売延期情報。

もう少し、お時間いただきます、あしからず。

 

ホントもう、ゆっくり。

早くできるならしたい

けども、しょうがない、

全部とても、大事なこと、なので。

 

 

 

 

 

 

せんをかさねる

【2020/6/23】

6月23日

 

朝、霧雨。徐々に止み、午後晴れる。

気温も上がり、湿度高い。けど、気持ちよし。

 

アジサイの花も、徐々に色彩を落ち着かせ

お次は枝豆の季節、夏が近い。

 

 

6月に入り、すっかり更新滞り

頭で考えてばかりの日々過ごす。

 

いかんいかん、と書いてリフレッシュ。

描いてもリフレッシュ。風通し、換気。

 

 

近所のお初の店で、久々に髪も切り

(十数年ぶりに、違う人に切ってもらう)

週末は三ヶ月ぶりに、白い浜の海を眺め

波間をピョンピョンと跳ねる魚の影に、

「あれはきっとアジだ!」

と頭の中でスーッと三枚におろして満足。

 

 

足だけ入ると、海の水はまだ冷たい

けど、全身入って泳いでる人もいて、

もう泳ごうって思えるんだ、と感心。

 

選択ってのは、人それぞれ、特に今

どれが正解かは、わからない、から

自分の選を重ねながら、一歩ずつ前へ。

 

細い線を、いくつも重ねていく作業から

描き出されてくるものが、最近の楽しみ。