2/26

【2019/2/26】

2/3

 

有楽町はヒューリックホールにてツアーファイナル。

 

特大バックドロップも準備完了。

元映画館のためシートも映画館仕様。ドリンクホルダーや傘かけも有り、ついでに飲食可。だがジャンプは禁止。

 

 

リハまでの空き時間、スウィーツ。渋川モンブラン。

 

 

過去のスーツを展示。

右から2番目、2004年「パレード」の時期に着ていたテカリスーツ。トルソーに着せると何故かベルボトムに見える。

 

 

MCを務めて頂いた清野茂樹さんと。

プロレスや格闘技の実況アナウンサーとしてもバリバリ活動されており、袖で聴いていてもその絶妙な熱さと丁寧さに胸が熱くなる。

 

 

2/6〜

 

新曲群のアレンジ作業。

2コーラスほどのデモをもとに、まず頭から終わりまでの構成を作りスタジオでみんなに提示。そこから細かい部分をどう演奏していくか(歌っていくか)、今まで見たことない景色が見えるまで時間の許す限り試しながら決め込んで行く根気と集中力の必要な作業を延々と繰り返す。

 

 

2/17

 

名古屋はADAMatに誘われ伏見JAMMIN’へ。

ADAMatこと玉田くんは元々浜松でイベンターをやっていて独立後のスクービーは静岡県での公演で数年かなりお世話になっていた。色んな逸話と飲むと面白くなり過ぎる、とだけ明かしておこう。

 

こんな再会の仕方もミュージシャン冥利に尽きる。
(3月もあと3本あるのでこのくらいで)

 

 

2/23

 

アナログフィッシュ結成20周年2マンシリーズに誘われ新代田FEVERへ。

毎年色んなフェスやイベントでご一緒するが、ガチ2マンは久々。何となくのモードも分かったつもりではいたがやはり、ジックリ堪能させてもらうとアナログの底力というか、音楽への純粋な愛というか探究心というか、(言えば言うほど安っぽい言葉になっちゃうけど)、そんな、同業者としての愛すべき良心みたいなものを常に純粋培養していることを目の当たりにさせられて、グッと来っぱなしだった。

「トラウマティックガール」のカバーもアナログ味で最高でした!
出来ればコンスタントに対バンしたいス。

 

 

2/25〜

 

14枚目のオリジナルアルバム、レコーディングスタート。

 

 

本日の1曲

 

「ここにしかないって言って」/ ものんくる
上手に言わなきゃならない事が、世の中には沢山ある。頑張ってそれを考えるのだ。

2/1

【2019/2/1】

1/18

 

岡山前ノリ。

 

岡山といえば成田屋。

安心の夜。

 

パンパンに入ったMama2は暑い。

そして気持ちいい。

岡山はMama2や城下公会堂、hoshiotoのおかげでとても居心地の良い土地になっている。

安心の岡山、ありがとう。

 

 

1/19

 

高松へ。

 

瀬戸大橋を渡る時に出会えるキャラ。

ひねらなくていいことが世の中には沢山ある。

 

GOING UNDER GROUNDと元映画館の高松DIMEにてワンマン2本立て。

久々に浴びたゴーイング、やっぱりキャリアのあるバンドのパフォーマンスは説得力が違う。ぐっとくる。

打ち上げでは、それぞれが良い意味で話題のマウントを取り合う様子を眺めながらチビチビやる。

こちらもやはり説得力が違う。

 

 

1/26

 

仙台へ。

 

本番日、朝目覚め外を見ると真っ白。初雪であせるが、午後には晴れて雪も溶ける。

enn 2ndは1年以上開いたがフロアの熱さは素晴らしかった。

男の人がカッコよく乗ってる様子をステージから見るといつもに増してグッとくる。

 

 

1/27

 

宇都宮「Red Generation」へ。

 

リハ後コーヒーが飲みたくて、ブラブラしてたら素敵なお店発見。

 

 

レコードも買ったり。

70年代の録音だが、帰って聴いたら音が良くてビックリ。長谷川きよしさん作曲のB面がステキ。

 

酔っ払ったり、かっとしたりする事はあるが、その勢いでつい「取り返しのつかない事」をしてしまわないよう、プロとして気を引き締め直した夜でした。

 

 

本日の1曲

「まぼろしの人」/  茶木みやこ

これも宇都宮にて。

石坂浩二もいいが古谷一行も好き。

2019年始まる

【2019/1/16】

  1. 1/16

 

2019年が始まる。

 

年末を少し振り返れば

 

クアトロマンスリーシリーズ。UNISON SQUARE GARDENと。高性能かつ日本人の情緒を沢山詰め込んだパフォーマンスと楽曲。カバーしてみたが、やはり本人達がユニゾンのプロだとまざまざと見せつけられる。

 

 

久しぶりのプリプロ。

感じが良すぎて1曲完成。

それが「サバイバルファンク」。

 

 

弾き語るコヤマさんをステージ袖より。

新宿紀伊国屋にて「日常音活」のイベント。

プロデュースしたBlumenの初ライブ。

本番はさすがみんなプロ。

今までで一番いい出来に。

 

 

昨年に続き年末のMOTION BLUE YOKOHAMAリクエストライブ。

演者も楽しめる素敵な夜。

またやりたい。

 

 

2018年最後のライブは下北沢Queにて。

スーツを間違えてる人がいます。左。

 

 

年が明けて最初の仕事。

アコースティックギター録音。

人様の曲にギターで色付けしていくのはやはり楽しい。

 

 

そして年明け最初のライブは恒例の札幌から。

ライブ当日朝、狸小路の老舗和菓子屋新倉屋にてナポリタン。懐かしさがよりおいしくさせる。

 

 

ペニーレーン24より新年祝いの大吟醸を頂く。

マスも素敵です。

 

 

てなわけで本年もよろしく!

 

 

本日の1曲

「アレ」/斉藤和義

和義さん働くなぁ。80年代のテクノポップみたいなリズムと効果的に重なるギターが気持ちいい。やっぱ「アレ」は大事だよな。

12/9

【2018/12/9】

11/3〜4

 

イナズマ戦隊のツアーに誘われ徳島と松山へ。

徳島、なんだか相性いい気がした。温度が同じというか。松山も相変わらずノリノリ。どちらもまたすぐにでも来たい。

一緒に馳せ参じたヴィレッジマンズストアも更にパワーアップしたパフォーマンスで素晴らしい2日間。

 

旅の終わりの寂しさを紛らわしている様子。

 

 

11/7

 

ツアー「スクービーとスクービー」が千葉LOOKにてスタート。独立以前と以後のスクービーが対バンするという自己満足度高めのツアーにも関わらずソールドアウトあざした!

恒例のピロシ店長より特大ポスターを授かりいざ出発!

 

千葉LOOKからツアーをスタートするバンドにはピロシ店長始めスタッフ総動員で特大ポスターを作ってくれるというバンド業界の幸せな常識がある。

 

 

11/17〜18

 

鶴のツアーに誘われ富山と福井へ。

ベスト盤のツアーとの事でスクービーと近いコンセプトでパフォーマンスする鶴。いつも色々学ばせてもらってます。

もっと早く行けばよかった富山。いい街。

そして久々の福井。

変わらずいい街。

 

福井CHOP全景。

いつ来ても気合が入ります。

 

鶴あっつぃと。どうやら日本の半分は一緒に回った模様。一緒に飲む機会はまだまだありそう。

 

 

11/29

 

文藝別冊「ジミ・ヘンドリックス伝説」にエッセイを寄稿。依頼に二つ返事で早速書き始めたら作文みたいになっちゃってあせった。なんとか、含蓄ある風の物言いが出来たかと(なんだそれ)。

 

記憶を辿ろうと久しぶりに見たジミの映像、特にワイト島は思ってたよりキラキラしててグッと来た。

 

本日の1曲

「Cheers feat. Q-Tip」/  Anderson Paak

今回のアルバムは苦味成分多めな感じ。嫌味のない甘さがほんのり感じられる瞬間が心地よい。

11/3

【2018/11/3】

9/23

 

中津川THE SOLAR BUDOKANへ。

武藤昭平さんや小坂忠さんの復活など嬉しいニュースばかりのバックステージ。
本番では念願のシアターブルックの名曲「ありったけの愛」を「What’s goin’ on」に挟んでカバー。
キーが偶然一緒だったのでやり心地も最高でした。

 


主催の佐藤タイジさんとパーカッショニスト、世界の松井泉と。打ち上げ佳境の頃。
10/6

 

仙台にて「MEGA ROCKS 2018」。

短い持ち時間だが久々の仙台、リアクションも良く打てば響く感じが気持ち良かった!

 

バックステージにて久しぶりにチャラン・ポ・ランタンに遭遇。私服も可愛いいね。

 

 

10/13

 

京都磔磔にて恒例ワンマン。

今回は日付の10と13にちなんだ曲縛り、という分かりづらいコンセプトながら、皆さんよく反応して下さりありがたい。

翌日の品川のイベント出演のためゆっくり出来なかったので次回は是非夜の磔磔を満喫したい。

 

毎度我々のステージ用にミラーボールを取り付けて頂きありがとうございます!

 

 

10/18

 

今年のクアトロマンスリーは2回ですが、その分濃厚な仕様になっております。

まずはBRADIOと。

6月の道内ツアー、RSRと北海道での共演で培ったセッションを東京で初披露出来てよかった。

お互い会うと安心感でいっぱいに。

 

修学旅行の集合写真ではありません。

 

 

10/27

 

フィロソフィーのダンスに誘われキネマ倶楽部にて2マン。

「ラヴ・バリエーション」よろしくお願いします。曲もパフォーマンスも素晴らしかった。

またやれるといいね。

 

本番より長いチェキ会も笑顔でこなした日向ハルさんと。

 

 

 

本日の1曲

「どうしよう」/  Tempaley

不意にラジオから流れたイントロに持っていかれた。気持ちいい。ファンクも感じるしすごく好き。

9/22

【2018/9/22】

9/2

夏の魔物。

久しぶりにデキシード・ザ・エモンズを見る。

 

解散中とは思えないパフォーマンス!

 

 

ジュリ〜!!

 

その後、

音魂中止、北海道地震。

どうかみんな無事で。

必ずまた会おう。

 

その後とあるレコーディングや三浦海岸OTODAMA SEA STUDIOでのアコースティックライヴ。

 

9/21

 

F.A.D YOKOHAMAにて50回転ズと2マン。

 

横浜中華街、大好き♡。

 

 

久しぶりの50回転ズ、最高!!

変わらず続けて行くことの偉大さを痛感。

定期的にお互い確認し合いたいね!

 

 

 

本日の1曲

「Swing to Bop」/  Charley Christian

ジャズギターを最初にエレキで弾いたギタリスト。

パイオニアはいつも尊い。

その全てを知りたいし、その先をもっと知りたい。

8/19

【2018/8/19】

7/19

 

お久しぶりなノーナリーブスと渋谷クアトロにて。

楽しい夜。個人的には力入り過ぎ。

 

7/21

昨年台風で飛んだ焼來肉ロックフェス@長野県飯田市。

写真は本番前日のメインステージの様子。

 

飯田市の特色である焼肉文化を音楽と共に伝えるこのフェス。

音楽と焼肉。発想と実行力が素晴らし過ぎる。

音楽ファンなら絶対一度来た方がいいと思う天国が、ここにも。

 

 

8/8〜12

 

ライジングへ。

「台風で飛行機が飛ばない恐れ有り」のため前々ノリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざんまい。

 

 

 

タイラクルー。

後方にセッテイング中のナガイケ君。

 

 

 

BRADIO足元の悪い中ありがとう。

 

 

 

ボヘミアンの楽屋に吊るされていたラベンダーになんだかグッときたぜ。

 

 

ZIGGY、ユアソン、田中貴。

 

 

8/16

 

I Don’t Like Mondaysと代官山LOOPにて。

みんな見た目かっこいいし曲もオシャレだった。

「俺は自分の良いところを伸ばして戦おう」と再確認した夜。

 

 

8/18

 

DOBERMANと名古屋池下UPSETにて。

こちらもキャリアを積んだイケメン集団。

付き合いも長いのに、各メンバーから漂う爽やかな大人感(生きざま)にいつも勉強させてもらってます。

 

 

本日の1曲

「April Fools」 /  Aretha Franklin

諸々ありがとうございました。

俺も頑張ります。

7/20

【2018/7/20】

6/30

 

姫路Beta。

古い曲も新しい曲も、新たな気付きや発見が常にある。

自分のブレてなさ、というより「この感じが好きなんじゃい!」っていう「俺祭り」感を味わうのが今のところ醍醐味。

 

 

7/1

 

夏びらき大阪。

よく知ったメンツばかりで和む。

服部緑地、ステージへの直射日光の強烈さもマジハンパねえ。
FIRE BALLのリー君をRHYMESTERと囲む。

 

 

7/6

 

福岡空港へ着くと大雨で普段は止まらない西鉄も止まっているとの情報。

恒例のトークイベントについてメンバーで開催か中止か時間の許す限り話し合うが、やはり不測の事態に備えて止む無く中止に。

お客さんへ中止の連絡等、丁寧に対応してくれた福島オーナーへ会いに全員でLIVLABOへ。

ビールを頂きながら近況報告やらレコード堀りやら。

 

 

7/7

 

大雨の影響で大分道が通行止めに。

レンタカーにて予定より早めに出発し下道を行く。

 

 

道中でたまたま出くわしたラーメン屋へ。

満福ラーメン。

口に入れた瞬間「何食べてるんだっけ?」と舌を疑いたくなるようなミルキーなトンコツスープは初めての感覚で美味しかった。

 

大分は初のBItts HALL。

海に面して建つ立地と以前のT.O.P.Sのような雰囲気のフロアで気分もあがる。

地元のFunkバンドもレベルが高いしフロアの反応も良く、天候に負けず楽しい一日に。

大分へはまたゆっくり来たい。

 

この日のアンプは普段あまり使うことのないマーシャル。

Fenderツイン以外のアンプで鳴らしてみるのも自分のギターの特性が分かって面白い。

セッティングを写メ。

 

 

帰りは大分道は開通したものの深い霧に覆われスリル満点のドライブ。

 

 

7/8

 

夏びらき福岡へ。

今年の会場は老舗デパート岩田屋の屋上。

アクセスもいいしサイズもコンパクトでなかなか素敵な試みではと思う。

デパート下を歩きながら、漏れてくる音楽の出所が分からずキョロキョロする通行人を見ると、「みんな来たらいいのに」と思ったり。

 

会場に到着するなりCreepy Nutsの聖徳太子コーナー(R指定くんがお客から募ったランダムな言葉をその場でフリースタイルにして完結させる徳の高い技)

を味わう。

その後の松永くんのスクラッチもキレキレ。

2人ともやっている事は変わらないが以前より確実に進化し深化していることを体感し、刺激をもらう。

 

 

なかなかハードな3日間を乗り切り帰りの空港で乾杯。

 

 

本日の1曲

 

「Four on Six」/  Wes Montgomery

ウエスの右手親指のタッチがほんの少しずつ視覚的に見えるようになってきた、ような気がする。

7/1

【2018/7/1】

6/15

 

前日に札幌入り。

 

 

翌朝は大通りのサンドイッチカフェさえらで焼きもろこしコロッケとフルーツサンド。

 

 

BRADIO主催の対バンイベント「エイリアンサーカス」@ペニーレーン24へ。

この日からBRADIOと3本の道内ツアーでもある。

 

 

 

聡一くんに早速ギターを奪われる。

聡一くんのいい音がする。

 

BRADIOがアンコールに互いの曲をマッシュアップした超強力なダンスチューンを用意してくれて、お互いセッションしながら演奏。

これは面白かった。

いつかまたやりたい。

 

6/17

 

帯広へ。

ブタハゲの豚丼を頂く。

 

6月半ばとは言えかなり寒い。

帯広ではBRADIOの貴秋くんとセッション。

適当に始めた「Sex Machine」にも軽々と対応してくれて頼もしい。

ライヴ後は「今までなにしてた?」と聞きたいくらいMEGA STONEのフロアがビシャビシャに。

 

 

6/18

 

旭川。

BRADIOとのツアー最終日もアンコールは貴秋くんとセッション。

ゲストなのに「Sex Machine」のボビー・バード役を務めてもらう。

最後は次に会う約束をして解散。

 

6/19

 

夕方ライジングのトークイベント。

RSR出演回数がスカパラ、ピロウズに次ぐそうで恐縮です。

 

 

6/20

 

新札幌サンピアザホールにて初のホールでのアコースティック。

響きが気持ちいい。

この日のために仕込んでもらった照明が素敵。

 

6/21

 

函館Pub The Beats。

落ち着く。

スタッフさんもノリが良くてまた来たい。

このガラス窓の向こうにステージがある。

 

6/22

 

秋田へ移動前に急いでアンジェリック ボヤージュへ。

アップルパイを頂く。

サクサク。

 

 

本州に到着。

秋田のらカフェへ立ち寄ったり、

 

 

古本マンガ買ったり、

 

 

6/23

 

 

秋田高清水仙人蔵。

入った瞬間麹の甘い香り。

試飲タイムを挟んだ後の客席のトロンとした空気感は半端なかった。

酒蔵ライヴはまたいつかやってみたい。

 

 

6/24

 

約2年ぶり。

八戸ROXX。

 

オーナーのユキさん。

 

 

 

 

八戸の格闘家、西塚丈人さんと。

ROXXでのライヴも打ち上げも実家に帰って来たような安心感がある。

 

 

本日の1曲

 

「You’re a dream maker」/  Barbara Lewis

ツアーではあるが一番いい季節に大好きな北海道に一週間以上滞在出来たというポワンと心地良く幸せな気持ちを曲で表現するならこんなハモンドの揺らぎのよう。

6/12

【2018/6/12】

6/9

 

ロックの日。

約10年ぶりの富山県へ。

高岡市在住のロックンローラー寅くん主催のロックイベント「ROCK TOWN TAKAOKA 2018」第1回目へ出演。

 

前乗りで泊まった宿は16年前の全都道府県ツアーで泊まった宿(会社は変わっていたが)だったりして気分も高揚する。

 

夜、靴下を探して高岡の街を歩き回る。

 

 

まずは2015年末札幌以来の走行中の路面電車でのアコースティックライヴ。

揺れる車内で立ち演奏はなかなかスリルがあるし、お客さんが近くてみんないい顔しながらこちらを見ているがよく分かって楽しい。

 

 

その後ホールでのバンドセットのステージ。

出番はトリ前、ビシビシっとキメて、来てくれた人達に来年も必ず来ようと思わせられるよう一生懸命頑張る。

 

手作り感いっぱいだが主催の情熱が全てをプラスに転がしていた気持ちのいいロックフェスだった。

また来年も開催されるようなので次回も是非参加させてもらいたい。

 

 

6/10

 

新潟にてフラワーカンパニーズの対バンイベント「人間の爆発」へ。

 

2マンは実に3年ぶり。

 

イベントやフェスやその他色々な所でちょくちょく会っていたためそんなに開いたとはお互い実感がなく。

 

とは言えその間フラカンは武道館を経て独立、スクービーは野音を経てアルバム2枚。

時が経てば互いに進化も深化もしてるわけで、やっぱりフラカンとのライヴは特別に気合も入るし緊張する。

 

 

が、最後は全員でドカーンと鳴らし、盛り上げるだけ盛り上げてササッと帰っていくってのが気持ちいい。

打ち上げも含めまだまだ学ばせてもらう事ばかりの頼れる先輩。

また次一緒にやる時まで精進しよう。

 

 

本日の1曲

「Heavy Heavy Heavy」/  Geraldo Pino

空気の猛烈な濃さと今にも壊れそうな繊細さを兼ね備えたこんなアフロファンクが梅雨のジメジメに合い過ぎて、何もかもがやるせない。