ensemble

【2017/4/30】

「ensemble」発売約3週間経ちました。
チャートアクションも好調だったようで、これもプラワンの皆様のお陰です。
本当にありがとう!!

 

とは言え、我々の規模でここまで、なんて感慨にふけるつもりは全くありません。
まだまだです。
いいものを作れば必ず届くと信じているしそのポテンシャルがスクービーにはあると信じているし、何よりそれを信じなければ人をドキドキワクワクさせるような音楽を作り続けられないことを誰より痛感しているからです。

 

皆さんの手元にある「ensemble」が、これからの暮らしの中で時には寄り添い時には癒しになり、時には頼れる相棒の様だったり、時には甘く切ない気分にさせられたり、時には少し距離を置いてみようかと思ったり…。その時々で様々に表情を変える恋人のような一曲なってくれたら作者としてこれほど嬉しいことはありません。

 

そしてまだまだ旅は続くのです。
もっともっと皆さんをドキドキワクワクさせられるような音楽を作ります。
とにかくまだまだなんです。
これからもよろしく!

 

 

てなわけで、ツアー前に今月をちょっとだけ振り返ってみましょう!

 


ニートビーツと上越、松本へツアー。

 


松本ではレアなセッションあり。
人に散々モノマネを強要するダイちゃんが本番中「野口五郎!」とコヤマ氏に振られ素に戻った瞬間がこのツアーの笑いのピーク。

 


ナタリーでオリジナル・ラブ、田島貴男さんと対談。
ほとんどファンが聞きたいことを聞いてるだけのような体だが、なかなか共通する姿勢やら志向やらが伺えて、とにかく嬉しい!楽しい!大好き!な貴重な時間を過ごさせて頂く。

 


田島さんのが俺のギター似合う!
350も喜んでます!

 


そのオリジナル・ラブ企画「Love Jam Vol.2」でもご一緒したthe band apartと秋田、盛岡へ。
音楽への真摯な態度と、メンバーの、フラットなんだけど面白くなっちゃう感じがとても素敵!
今後とも長いお付き合いをよろしく!

 


「ensemble」発売日のタワレコ渋谷店。
いつもありがとうございます!

 


タワレコ難波店にて。
今回も行ける限りお店を回らせてもらってます。

 


Loft Plusone Westトークショー後。
司会の鈴木淳史くん(よなよな)と飛び入りしてくれた樋口大喜くん(FM802)。

 


翌日は初2マンHIGEと。
みんなオモロい。
斎藤くんとコテイスイさんとレコード鑑賞会の約束をしてお開き。
またやります。

 

久々のR&Uは約1年ぶりのフレデリックと。

1年でバンドはこうもカッコよくなれるものか、と嫉妬心で胸がいっぱいに。

 

ギターヒーロー赤頭くん。

335が喜んでる音がしてる。

 

ツアーに誘ってくれたUNISON  SQUARE GARDENの田淵くんのラジオ番組へゲスト出演。

ラジオの語り口もナイスガイ!

5/21は郡山でガッツリいきます!

 

こちらも約1年ぶり、「MA HEADLINES」収録。

司会のダーリンハニー長嶋くんと。

芸人さんらしいしなやかで軽やかな進行で色んな事喋らせてもらいました!

 

てな感じでゴールデンウィークはツアー開始!

札幌、函館、宇都宮で会いましょう!

ORIENTAL FUNK EXPRESS

【2017/3/27】


札幌Colonyのステージ袖から。久々のスルタン、キレッキレ!

毎回アウェイのカバーもありがと!

 

神戸公演はバタバタで写真撮れず。

福岡CBの楽屋でコメント撮りするスルタン。

衣装は全てビンテージ古着とのこと。

ネオネオGS世代につきナジャムとハッサンのミリタリーにグッと来る。

 


宴、水炊きin博多。

 


スルタンとの打ち上げにはほぼ終わりがない。

 


初の釜山へ。

密集する高層ビル群が昭和の21世紀感を彷彿させる。

新しいのにノスタルジック。

 


セットリスト。

この後ちょっとだけ変更。

 


@The Vinyl Underground。

釜山プラスワンモーの最高のリアクションで大団円!

スルタンの最高の楽しみ方は一緒にダンスすることだと実感to痛感!

 


そのあとは釜山の港の市場で宴。

 


打ち上げ会場。

寒いと言うより寒さです。

 


BGBGレコード熊社長の計らいで、こいつ(ぬたうなぎ)を食べに来たわけです。

 


噛み応えのある食感とアナゴのような甘さがクセになる。

 


ケブル。

日本であまり見かけないルックスだがスルタンチームのオススメ。

 


お刺身にすると(右上)赤貝みたいにコリコリして甘くて美味い。

 


ハッサンの友達の釜山セレブ、チバリくんからサプライズ!

ぬたうなぎとの食べ合わせの悪さか、半分以上残ったため翌朝リーダーが美味しく頂きました。

 


そのセレブ、チバリくんと。

 


釜山インディーシーンの重鎮パンクバンドGeniusのVo.キム・イルドゥ氏と顔似てる撮りさせられる後輩ナジャム。

自分のギターの音、感動したで!と褒めて下さいました。(イントネーションはイメージです)

 


安定のマイメン、ホンギ。

グラサンの下の目の優しいこと。

 


帰国前にチバリくんの計らいで釜山の美味しいカルククス(うどんに近い麺類)を頂きに。

食レポには余念がないバンドマン。

 


バンドマンですから。

韓国ではチャルモゴッススムニダ(ごちそうさま)ばかり言っている自分。

 

また必ず会う約束をしてそれぞれの場所へ。

「また会いましょう!」が「トマンナヨ!」って発音するのがとても素敵に思う。

大阪の日々

【2017/3/22】


Capital Radio One ’17。
今年はコヤマシュウの白スーツに憧れ白スウェット上下とのこと。
やはりヤバいTシャツ屋さん、覚悟してこのレールに乗ったこと、捻り出し続けるアイデアの源はどこなのかに非常に興味があります。

 


イベントのハイライトと言っていい、各バンドへの梶さんからの感謝状。
自分で書いた感謝状を自分で読みながら一音も鳴る前に号泣する梶さんを袖から笑いながらも、恐らく自分以外の出演者も心の中でグッと来ていたはず。

 


FM802、土井コマキさんのMidnight Garageへ。
土井ちゃんの心地いいおしゃべりにいつも甘えっぱなしで申し訳ないな、と思いながら結局リラックスしてグダグダ色々話す。
昨年のOTODMA’16で約束していた番組ジングルを作ったので今後も使って下さいね。

 


翌日も802へ。
4/18放送の「FLiPLiPS」アコースティックライヴ収録。

 


ラジオで全員アコースティックは久しぶり。
MOBYのコンガもノリノリです。

 


パーソナリティーの内田絢子さんと。
柔らかい語り口とフンワリ感がとっても素敵。リラックスして演奏させて頂きました。

 


802の秘蔵っ子、スクービーのトークライブでもお世話になっている樋口大喜くんの「DASH FIVE」収録後、本人よりバンドのアーティスト写真のような写真を撮りたいとのリクエストに応えるファンキー4。

 


その後FM OSAKA(4月からFM OH!)へ移動し、スタジオでもライヴ会場でもいつ会ってもナチュラルで心地いい前田彩名さんの「なんMEGA!」収録。
リズム隊の2人を色々いじって頂く。

 


番組収録後、スウィーツ好きをアピールしていたら広島産フルーツトマトを求肥でコーティングしたスウィーツ、ひとつぶの乙女の涙を頂く。
噛んだ瞬間口の中に飛び散るトマトの甘さはまるでマスカットのよう。

美味いし新し!!

 


その後ABCラジオへ移動し「よなよな火曜」収録。
昨年末以来のメンバー全員参加で臨む鈴木淳史さん、原偉大さんとのトーク。
プロモーションと言うよりはもはやロック面白ネタの競い合いの様相。
今後発展しそうな話もあるので是非放送(こちらも4/18)をお楽しみに!

沖縄へ

【2017/3/13】

IMG_3217
前ノリの夜は雨上がりの浮島通りへ。

 

IMG_3221
このお店が大好きなのだ。

 

IMG_3218
浮島ガーデン。
癒し空間。
ここはまた今度。

 

IMG_3216
朝はみかどで沖縄そば。
ちゃきちゃきはたらくおばちゃんたちを見てるだけでも楽しい。

 

IMG_3215
お昼は浮島通りManaでマクロビ。
沖縄の野菜ってワイルドで美味い。

 

IMG_3223
たまたま個展を開催していたイラストレーターYUMINPOさんのポストカードをゲット。
少しサイケな作風が好み。

 

IMG_3213
目の前の魔法コーヒーで一服。
甘いものをついつい。

 

IMG_3214
古時計のビョーーーン!って音にドキーッ!となる。

 

IMG_3212
いいなぁ、この通り。

 

IMG_3211
ニガウリングストーンズ。

 

IMG_3230
きいやま商店のリョーサは同じ昭和50年生まれ。
バンドブーム時代の話で盛り上がる。
 

IMG_3209
俺のことを好き過ぎる鶴のあっつぃー。

 

IMG_3210
小山氏を好き過ぎる鶴のあっつぃー。

 

IMG_3229
仕事を成し遂げた男たちのいい顔。

 

IMG_3220
最後はやっぱりこれ。

 

那覇Outputの5周年記念ライブ。
Outputは2度目なのにいつも良くしてくれるし、何よりバンド愛、音楽愛に溢れたスタッフが素晴らしい。
初対バンのきいやま商店のみなさん、とても気さくで楽しい人たち。

是非今度は石垣島に呼んで欲しい。

そして久々に見た鶴、貫禄増し増し頼もしい。

ホントいいバンド。
来てくれたみなさまありがとう!
打ち上げではいつも鶴チームに飲まされ過ぎて自己崩壊していく自分。
今回は翌日早い出発だったのでなんとか自分の相撲でセーブしつつ、でもやっぱり酔わされた。

今回は短い滞在のためあっと言う間に東京へバック。
また来るよ!

3.1 武道館

【2017/3/1】

IMG_3108

 

 

 

コレクターズ先輩。

 

お疲れさまでした。

 

ありがとうございました。

 

自分もバンドやっててホントに良かったな、と思えた夜でした。

 

 

仙台ワンマン2デイズ

【2017/2/27】

IMG_3067
カフェ アトリエ モーツァルトは広々としてオシャレで落ち着いたカフェ。あったかくなったらテラス席でアイスコーヒーなんて最高だろう。

 

IMG_3071
藤原新也もの多めなとこも素敵。

 

IMG_3069
敏腕イベンターウッチーにライブ写真押さえてもらいました。

 

IMG_3068
熱唱〜。

 

IMG_3066
ネタも欠かさず。

 

IMG_3064
みなさん座り心地良さそうでなにより。
ありがとー!

 

IMG_3063
翌日はバンドセットin enn2nd。
白が眩しい!

 

IMG_3062
煽っちゃう!!

 

 

 

今年初ワンマン。
ライブハウスではない場所でやるのって、その場の空気も演出に加わって音の届きも変わるってことに気づく。
座って見られるアコースティックは今年もまたやって行きたい。
やっぱりワンマンはいいね。
昨日は久々のワンマンに酔ってしまったようにユルい進行。
ま、たまにはこんな夜もあるよ。
新曲たちもこれからの成長が楽しみ。

 

次は、沖縄!!

Young Bloods Vol.5、6

【2017/2/21】

IMG_3026

新体制になってから初ライヴのYogee New Waves。

そんな事微塵も感じさせない貫禄のパフォーマンス。
動と静のダイナミクス、ロマンティックさ、新曲の仕上がり具合にバンドの勢いを感じる。
3時間くらいウットリと揺れていたい。

話せば音や機材へとことんこだわりながら、最終的には全部ひっくるめて人間力でグルーヴさせようとしているところにとてつもなくシンパシーをいだく。
まさに会いたかった人たちだった。

 

IMG_3025

打ち上げて酔った勢いでMOBYのセットを叩きまくるYogeeのVo.角舘くんは元々Deep Funkバンドのオープンハンドスタイルのドラマー。

めちゃくちゃいい音とファンキー過ぎるビートに思わずラップしたくなる衝動を必死に抑える。

 

 

IMG_3024
デビッドボウイかまるで80年代のやり手スタジオミュージシャンのようなシャープなうなじの持ち主ロマンチック☆安田くんfrom爆弾ジョニー。
もちろんプレイの方も切れ味バツグン。

 

IMG_3023
佇まいだけでもロックギタリストの役割を十二分に果たしているキョースケくん。
「Get Up」の完コピっぷりにグッと来る。
しかし酔っぱらうとまた可愛いのだ。

 

IMG_3022
「前から知ってるけど今が1番カッコイイ!」なんて言葉に1ミリも満足しないであろうバンド、爆弾ジョニー。
この先も色んなことがあるだろうけど、その度に間違いなくカッコよくなって行くのだろう。
味方にしといて良かったぜ汗。

 

 

主催者がイチバン刺激を受けるYoung Bloods。
こんな夜を6度も味わえるなんて、バンドマンとして幸せ者以外の何者でもない。
次回の刺客を夢想しながら、この成果はシングルリリースツアーに反映させよう。
ファイナルは初キネマ倶楽部公演のツアー「ファンキ”S”ト・アンサンブル」、新曲披露も含めこれまで以上に刺激的でダンサブルなツアーにする予定。
HP先行中。チケットはお早めに。

Young Bloods vol.3、4

【2017/2/14】

SANABAGUN、反骨心が確かな技術からこぼれ落ちてる様がカッコよかった。
熱いFunkナイトの余韻を引きずりながら、先週末は名古屋、大阪へ。

 

 

IMG_2987

雪で通行止めの東名を回避し雪深い中央道で名古屋へ。

もはや名古屋の実家=UP-SET。

これから温泉でも浸かりにいくようなゆる〜いリハまでの時間を過ごす。

 

IMG_2986

Young Bloods Tシャツ。

上着の下からチラ見せがオシャレ。

 

IMG_2985

斜めに斬り込むリリックと緻密且つ大胆なトラック、フリースタイルや二枚使いといった確かなスキルも武器に存分にフロアをロックしていたCreepy Nuts。
アンコールでは「合法的トビ方ノススメ」Funk ver.でセッション。
こんな感じのもっとやりたい!と打ち上げではプロモーションしたりしつつ、オフステージではメチャメチャ面白い好青年2人。
人前に出ても全く緊張しなくなってしまった、と言う松永くんの無敵感が頼もしい。俺もそうなりたいな。
またやろう。

 
IMG_2989
山本屋総本店の味噌煮込みうどんセット。
麺の硬さが病みつきになった最近のマスト名古屋土産。

 

IMG_2984
本番前、心斎橋JANUS名物塩焼きそばを初めて頂く。
スパイシーで美味い。

 

IMG_2983
ストレートで爽やかで懐かしさと切なさを適度に散りばめた楽曲と随所にブルージー且つスリリングなパフォーマンスが素晴らしかったSlimcat。
演奏してみてより一層好きになった「Emily」、ホント名曲。
オアシスを観て絶対バンドやる!と決めたというVo.小川くんの話を聞いて一層胸がキュンとする。
ストレートな楽曲をそれぞれ違ったルーツを持つメンバーが奏でることでSlimcatにしか鳴らせない音楽になっているんだな、なるほどこりゃBawdiesやgo!go!vanillasの血を受け継いでるんだな、ふむふむ、とひとり頷く41歳。
またやろう。

 

 

ここ最近地方の関係者に会うとまず「いい若い芽います?」って話から会話が始まるが、終演後「よなよな」でおなじみライター鈴木淳史氏より関西方面でも更にイキのいい若手、球根から掘り起こしておきます!と頼もしい言葉を頂く。

 

 

不況と言われる今よりはまだマシだった20年前の音楽業界において俺らも若手だった。
でも誰かの何かの力でどうにかなる、なんて考えるより自分のスタイルでどうやったら目の前の客に刺さるかどうかだけ必死で考えてた。
なんだかそんな事を思い出したし、今もまだそんな気持ちでいるってことに気づかされる。

 

 

今週末はYogee New Waves、そして爆弾ジョニーと。

色々やるよ。

Young Bloods再び

【2017/2/6】

13年ぶりのシングルリリースに向け色々忙しくしながらリハの日々。

 

ツアーも発表されたけど、その前にもお楽しみはいっぱいで、まずは今週末からは待ちに待ったYoung Bloods。
名古屋ではCreepy Nutsの音楽性にインスパイアされ踊りまくれるセットリストにて、翌日の心斎橋ではslimcatのサウンドにインスパイアされ、胸キュン度200%のセットリストで臨む所存。
どちらもレア曲たっぷりとやりたいなと。

 

来週末は新代田にてYogee New Waves、爆弾ジョニーとがっぷり。

こちらの内容はまた後日。

 

明日は代官山LOOPにてSANABAGUNと。
とっておきのセッションもお楽しみに!

【2017/1/30】

IMG_2906
ネオ東京にポツンと忘れ去られたオアシスのような場所にて新しいアー写を撮影。
エンジン音が響く首都高の下にてノンビリとゲートボールに勤しむお年寄りにチラチラ見られながら、バッチリカッコいいのが撮れた!

 
IMG_2905
水戸にてアルカラと!
アルカラ、いつ見てもスッゴイ難しそうなキメとかいっぱいあって、キーも高くて、楽屋に戻ってくるとシャワー浴びたみたいにみんな汗だく。それでもやっぱりライブが好き!って言ってるとこがまた最高にバンドらしくてカッコいいな!

 
IMG_2904
さんざんお世話になった横浜Club Lizard。真夏に空調2回連続修理されてなかった時はもうやるまい、とさえ思ってたのに、やっぱりステージ鳴り最高だし雰囲気もいいし、ハマだしやっぱりここが好き!最後のステージだと思うと切ないね。またハコ作って欲しいな。あ、その前に店長さんがやってる辻堂のブリッジルームってカフェには行ってみたい。

 
IMG_2903
ホントに頑張ってるヤツは何をどれだけやったかなんて人に言わないよ。BRADIO、カッコよかった。新譜もスゴイよ。ありがとう。俺も頑張ろう。