ツアー走り書き④

【2019/10/29】

10/26

 

車内BGMがフロントガラスと車体に打ち付ける雨音に掻き消されるほどの土砂降り、の関東から東北道を抜け前夜のうちに秋田へ。

 

 

 

翌日は快晴。

 

 

入り前にお洒落なカフェでチンラ。

 

 

昨年は高清水さんの酒蔵ライブだったので、Swindleは約2年ぶり。

 

 

こちらこそいつもありがとうございます!

 

 

秋田市のカフェのら珈琲さんよりかりんとうの差し入れ。

 

 

素敵なお店です。

 

 

秋田のプラスワンモアや媒体のみなさんに会うとホントに「帰ってきたな」と思う。

そんな心地よさを味わいながらのステージ、やっぱ暑いッス。

 

 

10/27

 

これまた久々に通った秋田道が延長され、だいぶ近くなった青森へ。

 

快晴の青森の空。

 

 

八戸には今年も行ったので青森県へはよく来ていると思っていたが、Quarterも実に2年ぶり。

 

ステージから見えるいい顔いい顔。

地元のみなさんや「夏の魔物」のおかげで青森は随分前から遠いが近い大切な場所になった。

 

またたっぷりやりに来ます!

 

 

本日の1枚

「GIRL」/  オカモトコウキ

めっちゃいい曲だらけ!

音楽愛だらけ!!

素晴らしい!!!

 

 

ツアー走り書き③

【2019/10/22】

10/18

 

前ノリ。

学会の影響で富山の宿がいっぱいだったため柏崎のホテルへ。

 

駅前から少し歩くと飲食店街がある。

なかなか好きな風情。

 

10/19

 

富山Soul Powerにて初ワンマン。

昨年鶴に初めて連れて来てもらい一発で気に入ってしまったハコ。

名前からして想像つくが、かなりのソウルフリークのマスターとしおさんの人懐っこいキャラも富山名物に加えたい。

 

お隣のレコ屋はワールド系、主にブラジルモノが充実!

 

歴史は継承される。

 

さり気なく素敵な物が飾られている楽屋。

 

初ワンマンの割にフロアの反応が良くて驚く。

昨年、今年と呼んでもらった「ROCK CITY TAKAOKA」の影響も多いにあるだろう。搬出を手伝ってくれた「RCT」主催のトラくんと、ベーシスト泉健太郎くんにも感謝。

そして富山にて未来のギターヒーロー誕生を願う。

 

そのまま柏崎の宿にバックアゲイン。

トイレもバスも外から丸見え♡

 

10/20

 

新潟club RIVERSTへ。

 

入り前に新潟名物、東横の味噌ラーメンを久々に頂く。

10年近く前に貰ったサービス券が今も使えるという太っ腹この上ない名店(よく持ってたな俺)。

一口食べれば様々な記憶が蘇る、真っ直ぐに濃い味噌の味。

 

 

 

相変わらずミュージックラバーだらけの新潟はジワジワと盛り上がって来る粘り気のあるフロア。

やる方も音を素直にキャッチしてもらってる感覚で非常に気持ちいい。

こちらも未来のドラムヒーロー誕生を願う。

 

 

遊びに来てくれたねぎっこのリーダーNAO☆ちゃんが新米をメンバー全員に差し入れて下さる。重かったでしょうに。ありがとう。出来る子。

 

 

本日の1曲

「SIGN」/  TENDRE

曲も音もいい。

そして今回もやはり歌声がリラックスしていて好き。

ツアー走り書き②

【2019/10/16】

10/12

 

前日に大阪インストライヴを挟み大切なハコ広島Cave-Beへ。

 

各地で開催中止のイベントが増える中、広島は台風の影響がほぼ無い事、県内他会場でもライヴは開催される事等を踏まえ担当イベンターと協議し開催を決定する。

 

楽しみに待っていてくれた地元のファンにライヴを届けられる喜びと、「バンドも永遠ではない」という思いを噛み締めながら、熱く熱く。あちぃ。

 

もし自分の好きなアーティストが、自分の期待と違う作品や活動を提示し続け、どうしても受け入れられなくなってしまった場合、自分なら黙ってそこを離れ二度と近づかないだけだ。

 

ライヴ後、移転したスリムチャンススタジオ、名前も変わったニュースリムへ。

馴染みの人の新たな場所での営みは素敵だ。

居心地いいな!

 

その後シーケイクスタイルにてDJイベント。

こちらも素敵な遊び場!

またお世話になります!

 

10/14

 

前日に徳島へ移動。

 

快晴の徳島。

 

GRINDHOUSEには何度も訪れているがワンマンは初。

初っ端からフロアのノリがいい。

グイグイ来る、ってヤツ。

ついついノリ過ぎて左指が空回る瞬間もあったが、気持ち良くやり切る。

ツアーから戻ったばかりの四星球のU太君も色々手伝ってくれて心強かった。

ありがとう!

大切なハコがまたひとつ増える。

 

また来るよ徳島!

 

やっぱすだち好きだな!

 

 

本日の1曲

「Boy Meets Goy(Gland Slam)」/  Charlie Christian

言葉少なく確信を突く。こんなソロが弾きたい。

ツアー 走り書き①

【2019/10/8】

10/3

 

Tour”Funk-a-lismo!Vol.12″スタート。

 

 

恒例の特大ポスター。

 

初日。

心地よい緊張感と、千葉LOOK周辺の時間が止まってるような街の動きとのギャップが、「ツアーか始まった」と実感させる。

 

 

学芸会じゃないからこれまでリハでやって来た事をそのままやる、ってことじゃなくアドリブもその場その場でバシバシ決めたる!

という気持ちで臨む初日。

 

気持ちが空回る瞬間もいくつかあったが個人的にはいい感触の第一歩。

この一歩がなきゃ始まらない。

 

 

ピロシ店長から特大ポスターを授かる。(かろうじて)

 

 

10/5

 

ツアー第2夜は大切なハコ、福島OUTLINE。

 

店長阿部さんの、音楽愛と地元愛に溢れまくっていろんな人を巻き込んで行くパワーを、せめて1年に1度は地元で味わわなきゃ。

 

初日の手応え、反省を確認しながら念入りにリハ。

今回のアルバム、変拍子の曲が多いが、そんな事関係なく盛り上がるフロアのリアクションにかなりステージ上も影響されている。

ど頭からフルスロットルな感じが手元に影響し過ぎないよう、慎重さと開放感を感じながらのプレイを心がける。

 

福島のみんなの「待ってたよ!」感がびしびしと伝わり愛に溢れた2時間。ありがとう。

 

 

コヤマ氏の新しいハープアンプ。

ミドルに腰があるいい音。

 

 

10/6

 

鶴フェス。

 

ちょうど1年前くらい。

鶴フェスをやる!と決めた直後に誘ってくれてから早いもので。

 

フェスはお金と人間だけでは簡単に開催出来ない。強い「思い」を「これでもか!」と感じた1日。

鶴の面々、いつもよりとっても頼もしく見えた。

次回開催を楽しみに待とう。

 

あっつぃー後片付けまでお疲れさま。

 

Have A Nice Day!

 

 

本日の1曲

 

「Just Friends」/  Pat Martino

ジャズ弁、てのを喋れるようになりたい。

10/2

【2019/10/2】

10/2

 

ご無沙汰し過ぎてしまいました。

「忘れてるわけないだろ〜、仕事がいそがしくてさぁ、え?嘘じゃないってぇ」

はい。

 

8,9月も色々あったなぁ。

 

8/22

 

代官山LOOPにてAlaska Jamと。

ギターの武正くんと久々の再会。

いいSGをゲットしたじゃないか。

ふむふむ。いい音。

 

 

8月末は札幌へカレーラーメンを食べに。

大好きな向日葵のカレー味噌ラーメン。

 

行ったわけじゃなく、「Young Bloods」札幌編。

今回は札幌の最高にイキのいいバンドKARMAと。

素晴らしいステージ!

まだ未成年。

打ち上げは20になってから。

 

9/6

 

入野自由くんのツアーファイナルへシークレットゲストとして参加。

ギターを2曲弾かせてもらう。

お客さんの反応も上々。

嬉しく思う。

ステージセットもオシャレ!

 

 

9/8

 

Suchmosの横浜スタジオライヴへ。

 

あいにくの天気を吹き飛ばす素晴らしいパフォーマンス。いいバンドだ。

ボックスシート。

 

 

まだ3年前!?

 

 

9/11

 

THE BACK HORNと初の2マン。

お互い20年選手。

出汁が違う。出汁が。

 

よく炊き込まれている。

 

 

ちうわけで10/3からいよいよツアースタート。

みなさまよろしくお願いします。

 

 

本日の1曲

 

「This Chaming Man」/  Los Stellarians

とってもいいカバー。タワレコに行ってCDを探すといい事が必ずある。

 

HANDセルフライナーノーツ⑩

【2019/8/11】

M10.「Summer in My Life」

 

デモは割としっかり作った。

イントロのリフが浮かんでいたのと、コード進行に対してメロディーが一番グッと来るポイントを探るのに試行錯誤したのでそこは崩さないように、と思っていたのだと思う。

 

2番以降の展開はセッションしながら。

なかなかドラマチックになった。

 

「夏はまた必ず巡ってくる」というメッセージをアルバムの最後に置くことで、もう一度1曲目を再生した時にギターカッティングが灼熱の熱風のように感じられる仕組み。

というのは偶然でもなく、デモの段階から1曲目と10曲目だけは曲順が変わらなかったので、当初から頭の中でそんな風にイメージしていたようだ。

 

全編コードカッティングは350T→コンプ→デラリバ。

ソロも350T→JHS M.G.→ディレイ→プリンストン。

 

ダビングものはどれもストラト。

今回はストラトが大活躍。

フルアコとの相性がいいようだ。

 

 

と言うわけで長々とお付き合い頂きありがとうございます。

とにかくいいアルバムが出来た!ってことを出来るだけ言葉で伝えられるよう努力して参りましたが、

受け取り方、楽しみ方はあなた次第。

色々想像しながら聴いてみて下さい。

そしてCDで楽しんで頂いた後は是非ライヴでお楽しみ下さい!

 

おしまい

HANDセルフライナーノーツ⑨

【2019/8/10】

M9.「Pie」

 

ある意味一番アフロファンクっぽいムードで始まる曲。

ワンコーラスだけデモを作り、あとはスタジオで何とかしようと試みる。

ブレイクからワルツになり怒涛のソロ回しへなだれ込み元に戻ることなくエンディングへ向かうめくるめく展開は、最近のアニソンやアイドルの楽曲からの影響、というより思いついたことは全て試したセッションの賜物。

 

アフロファンクと言ってるけどこんなものも聴いていたシリーズ。

Geraldo Pino”Heavy Heavy Heavy”

これは正真正銘アフロファンク。

 

 

ブラジルのファンクのコンピ。

これも面白い。

 

 

フランスのJ.B.ことニノ・フェレール。

ポルトガル語やフランス語でファンクするのと日本語でファンクすることは似ている。

 

 

 

メインはエピフォン335→JHS M.G.→デラリバ。

左で鳴るワウはストラト。

 

 

ギターソロで活躍したオートフィルター。

強者に必死で抵抗する弱者の会話、みたいなイメージ。左右にパンされているが一本で弾いてます。

 

 

つづく

HANDセルフライナーノーツ⑧

【2019/8/8】

M8.「Sugar」

 

いつ聴いてもキュンとしてしまう曲が世の中にはある。

勿論「キュン」の塩梅は人それぞれだとは思うが、「かつて味わったことのあるような、郷愁を伴う胸を締め付けられる感情の高ぶり」のスイッチを入れられる、みたいな経験はどんな人にもあるのではと思う。

 

そんな曲が作りたいのである。

 

歌だけでなく楽器の鳴りやアンサンブルが、語り過ぎずしかし全てを言い表しているような、そんなシンプルでノレるのにグッと来る曲を作り続けることもスクービーの”mellow”サイドに課せられた大きな使命だ、と勝手に思っている。(『夕焼けのメロディー』から20年だそうです)

今アルバムでは最もキュン度が高い、と個人的に思っている楽曲。

 

 

キーがBbで6弦ルートのEbを押さえる関係上12フレット付近でも押さえやすく、またコードリフがまとまる軽めの音のエピフォン335をチョイス。

コンプを通しデラリバへ直。

左が’92年製エピフォン335、右は最近預かった”80年製ヤマハSuper700。どちらもまるで音のキャラが違って面白い!

 

サビやアウトロに登場するリフはストラト。

デビッド T. ウォーカーのキュンと来るようなフレーズを意識しつつ。

 

ソロは350T。

フロントP.U.→JHS M.G.→ディレイ弱→プリンストン。

 

 

つづく

HANDセルフライナーノーツ⑦

【2019/8/7】


M7.「サバイバルファンク」

 

会場先行販売とライブ先行演奏が決定し、曲の抽象性を言葉にするよりステージ上から言っても分かりやすいようタイトルを「サバイバルファンク」とした。

 

五拍子のドラムパターンが最初に浮かび、

テーマ→リフAメロ→ブレイク→サビ(解放)というスクービー流ファンク王道パターンが頭の中で鳴った時に「これはメチャクチャカッコよくなる!」と確信しながら作った曲。

 

大サビ以降の緊張感漂うパートはセッションしながら作り上げる。

歌パートの後に簡単にギターソロにしないように工夫するのはウチのバンドだけではないと思うが、ギターソロ以上に意味のあるパートにするのも中々アイデアのいる作業でもある。

 

 

’18年末に池袋DEDEにて録音。Rec&Mixは中野正之(BAKKEN RECORD)。

エンジニアによって録り方もMixも出来上がる音もまるで違う、というところが録られる方としては面白いところ。

Mix確認用のラジカセ。

日常ではあまり見かけなくなってしまった機材も音楽制作の現場ではまだまだ大変活躍しております。

 

 

全編350TにM.G.を軽くかけ黒パネデラリバへ。

サビ以降左で鳴るのはストラト+コンプ→Bassman。

 

2番明けの展開ではストラトのリアピックアップのキンキンしたサウンドでリフを際立たせる。

 

 

つづく

HANDセルフライナーノーツ⑥

【2019/8/6】

M6.「Colors」

 

 

アフロファンク的新機軸がありながら、いつものスクービー味をもう一つブラッシュアップした新感覚な定番パターンも入り混じっているのが今回のアルバムに求められるバランスだ、という自分の中のプロデューサー感覚により制作。

 

コード感、メロディー、テンポともいつものスクービー節ではあるが、カッティングを2本のギターの掛け合いにしベースラインを八分で刻むことでモダンさを加える。

 

’18年末に池袋のStudio DEDEにてエンジニアに中野正之さん(BAKKEN RECORD)を迎え行われたレコーディングで楽器パートを録音し、その後歌録りとMixをピースミュージックにて行う。

 

右で鳴るのは350T。

DEDEにあった黒パネルのデラリバ直。

 

マイクの数がすごい。

57、421に加えビンテージモノのマイクも多数。

これらを組み合わせ立体的な音の響きをmix卓にて再現して行く。

 

 

左で鳴るのはストラト。

DEDEにあったBassmanの極初期のモデルにコンプを噛ませ直。

15wながらいい音していた。

背後にウッドベースやオルガン等、眺めるだけでも楽しいビンテージ楽器いっぱいのスタジオ。DEDE。

 

イントロとアウトロのテーマはストラトにM.G.でブーストさせロングディレイをかけBassmanへ。

煌びやかに爽やかに、を意識して。

 

 

つづく