若者たち

【2019/3/19】

3月18日

 

大阪からの帰路、

途中また新しい道が開通したようで。

 

少しの時間短縮のために

切り拓かれた山肌は春の日差しを受け砂埃を舞い上げる。

皮膚が乾いてかゆい。

東へ東へ。

 

車内では出久根達郎氏著『猫の縁談』読んだり、

レコーディングした音源を聴き返したり、あとの大半はウトウトと。

そして運転。オレもハンドル握るぜ。

 

東京着後、昨年家入レオさんサポートでご一緒したドラマー伊吹文裕君とファンクセッションをするべく、集ってくれた有志たちとスタジオへ。

 

ギターに坂本夏樹くん、ラーナーズCHIEちゃん、そしてボトルズハウスの竹之内一彌くん。

 

みんなそれぞれのカラーがあって、音を重ねるの楽しい。

 

慣れ親しんだバンド以外の場所で音を鳴らすと、自分の立ち位置がまた不安定になるから面白い。

自分はどこへ行けば良いのか、どこに行けて行けないのか、いやまぁそこまで深刻な話でもなく、どこ行きたいか。

行っとけ行っとけ。

 

今日の格言。

ソロは諦めた時点で試合終了。

(これ、スラムダンク的な)

 

若者たち、みんなうますぎるぞ。

(伊吹君のドラムは、4月w/ものんくる にてご体感くださいね)

だからこその刺激、もっと頑張らにゃ、楽しい夜は更け、帰宅。

 

やっとこさの帰千葉、はー、っと一息。

してから、新曲たちのREC音確認。

あっちで聴いたり、こっちで聴いたり。

よしもうオーケー。

んで、ちょっと飲んだし、お腹すいたけど、もう寝よ。

 

 

 

二本の指で歩くように

【2019/3/18】

3月18日 朝

大阪にて。

 

ADAM atとの対バンツアー、浜松&大阪と終え

これから帰ります東京。天気良好。

 

随分と更新滞っていたので、ここで目指せ更新(自分次第)。

 

最近はレコーディングだったり、その合間にライブ、

あとは日常、日々何か考え、それが形になったりならなかったり

なんでもとりあえず手書きでメモしておくとアイディアの源泉になる、と

昨日テレビで誰かが言っていたな、と今ここにメモ。

 

たまに人に会って話をするとその人ならではの感覚が伝わってきて

いろいろと刺激あって楽しい、

そこで聞いたこともメモしておかなきゃメモだメモ、

今まで印象に残った話全部メモしてたらノート何冊分になるのだろう

読み返すのも大変。ちょっとずつ忘れていくことも大事、か。

 

ベースの方も何かと試行錯誤、

微々たるところをチビチビ修正しててもはたから見たら大差ない。

変えるなら大胆に挑まなきゃ、と思いながらチビチビと向き合う。

自分のことばかり考えていたら自分はそんな変わっていきませんね、

そういえば、明日発売の『ベース・マガジン』最新号にて

BiSHのアユニ・Dさんにベースを教える講師として私、登場。

先任講師であった中尾憲太郎さんから

「指弾きならジョー君いいんじゃない?」というご提案があったとのこと、

へーそうなんだ、嬉しいですね。光栄です。

 

で、指弾き。

改めて自分の指をじっと見つめながら、指弾きってなんだ?と自問自答、

指を前後左右にピョコピョコ動かしてみてまたじっと指を眺めたりしてふーむ、、、

二本の指で歩くようにイメージすると良いのかなぁ

自分にとってもたいへん勉強になる企画でした。

ここでの出会いをきっかけにBiSHの曲にハマったり(『STEREO FUTURE』好きです)

日々いろいろとありますね。出会いのカケラはコロコロとそこかしこ。

 

と、ここまで書いてそろそろ出発のお時間です。

今日は東京着後も楽しみな予定あり。

 

安全運転お気をつけて、皆さんも良い一日を。

 

 

いいタイミング

【2019/2/2】

22

 

晴れ。

朝、冷え込んだものの

昼、ちょっと気温上がる。

 

明日のヒューリックホールLIVEで必要な諸々を印刷屋さんにて発注、ちょっと空いた時間に近所のレコ屋を物色。

そこで、見つけたのがコレ。

 

 

PASCALS17才』

 

あれコレ何だっけ、パスカルズって確か

ということでレッツ・チェケラ。

あぁそうだ、たまの知久寿焼さん&石川浩司さんら擁する大所帯バンド、下記がオフィシャルHP内のプロフィール。

 

19951月結成。ロケット・マツ率いる14人編成のアコースティックオーケストラ的なグループとして、独自なサウンドを築く。

オモチャの楽器やピアニカ、バイオリン等を使ったサウンドは軽妙な中にエスプリやユーモアを配し、他にはない開放感を聴く人に与える。

(中略)

音楽性としては、テクニックやジャンルに頼らない表現を探し、日本という事を確認しながら、出来るだけニュートラルな自由なイメージを目指したいと思っている。」

 

で、彼らの名前を知ったきっかけが、確かYouTubeで何かの曲をカバーしている動画を見て、うへーこの曲カバーしてる人が日本人にいるんかい、なになに誰この人たち?となったことが過去にあって、あれ、あの曲、なんだっけ、あのホラ、確か海外の、えっとベルベッツじゃなくて、あーもう最近思い出せないこと多過ぎ、昨日もスタジオでの会話の中で、アレあの人たち何だっけ、ホーンのアノ、うわーこれ思い出せないのマズイ、あのホラ、ニューオリンズの、えーっと、トロンボーンがヤッシーさんで、あのアルファベットのさ、んーここまで出てきてんのに、、、「あ、えっと、BBBB?」、、、あーそうそう!ブラックボトムブラスバンド!というやりとりがあったりしたばかり、うわー曲が思い出せない、誰の曲だったか、でもなんかオレが好きな暗い感じの、むー。

 

となって結局夜までそのことはまた忘れていたのですが、改めて本気になって調べましたところ、あーそうだ!ということでコチラでした。

 

 

Pascals「I’m This,I’m That」

 

アメリカの奇才「MOONDOG」ことルイス・トーマス・ハーディンのカバー。

ムーンドッグのことを説明し始めるとまた長くなるので割愛しますが(レッツWIKI!)、この曲とても好きで、独演会でも歌ったことのある曲。

 

 

背中合わせの明と暗、相反するコレとアレ、わたしの中にはそのどちらともが存在する。

簡単にいえばそんな感じの、いやしかしそんな簡単には言い切れない深み。

あーいい曲だなぁ、改めて。

 

特に明快な理由があるわけでもないですが、今日出会うべくして出会った一枚。

かもしれない、いいタイミング。

あ、「タイミング」といえば。

先日のフレンズ@NHK HALLで久々この曲聴いたなぁ、ブラックビスケッツ。

いい曲。

自由度高い&エンタメ要素満載の楽しいライブでした。こちらはフレンズの話。

終演後は予報通りの雪。千葉に帰る頃にはかなりの本降り。うっすら積もり。

すべてが、いいタイミング。

 

 

さて、明日はいよいよツアー「スクービーとスクービー」ファイナル公演。

ヒューリックホール東京にて。

スクービーとスクービー。コレとアレ、どちらもスクービー。

時折しも鬼は外、福は内の節分ですね。I’m This,I’m That.

福を招く、いいタイミング。

ダンサブルなアンサンブルで、踊ってください&お楽しみください。

 

 

今日買ったもう一枚はこちら。

 

FRICTION『’79 LIVE』

明日はコレ聴きながら気持ち高めてこうと思います。

 

2019年

【2019/1/12】

1月11日

 

新年明けて10日経ち、遅ればせながら

明けましておめでとうございます。

 

2019年はライブ終演後下北沢からの帰路電車内にて

シレッと一人なんの胸の高揚もなく迎えました。

 

日付が変わっただけと言えばそれまで、

いやしかし、正月休みをダラダラと過ごしていると、ふんわりしながらもどこかでパチッと気持ち改まるとこあります。

 

はい、本年も気合い入れて、時に脱力しながら

楽しみながら、ベース弾いたり、歌ったり、

何か書いたり、思い描いたり、紙に描いたり、していきます。

 

あとは食べたり飲んだり、着たり脱いだり、住んだりしながら

一人の37歳オトコとして人間らしく生きていきたいと思います。

 

年末。

昔から気になっていた出版社「夏葉社」さんの書籍を何か読んでみようと思い、本屋さんの棚から選んでみた『埴原一亟古本小説集』。

 

埴原一亟。はにはらいちじょう。

物書きにして、古本屋店主。

 

クズの中から宝物のような書物を見つけ出そうとする熱情、執念。

ツンと鼻をつく、人間の汗と生活のニオイ。

淡々と綴られる文章の中から、モワッとにおい立つ当時の風情が

読んでいてなぜか心地よい。

キレイさっぱり無味無臭の日々なんてツマラナイよね、

あとは主人公が肝心なところで泥酔しちゃうところとか、

妙に共感。いかんいかん、と言いながら燗をつける。なう。

 

年始のライブは大阪独演会&サイリズsessionにて幕開け。

どちらも刺激的な夜、ありがとうございました。

 

正解でも不正解でもどっちでもいいからムチャなことやってみたい

ってのがそもそもの独演会のテーマだった、ような

毎回やりながら、やっぱこれムチャだ、でも気持ちいい。

というリフレイン、今回も楽しみながら、ひたすらベース。

 

セッションも、タカノタイチ君のドラムとは考えるに

呼吸が乱れるタイミングが似ている、思いがけないところで合い、

肝心なところで合わない、その振り幅がおもしろい。

 

新年から充実の二日間、幸先良し。引いたおみくじも大吉。

 

明日から札幌、トーク&ライブ。

SCOOBIE初め、景気良く、楽しみましょう。

 

あ、新曲。サバイバルファンク。

ポッとハートに火をつける、生命力溢れるファンクチューン。

クセになるリフ、思いがけない展開。

みんな一聴してDO思うかな。

こちらもぜひ楽しみにお待ちください。

 

 

 

ヨタヨタ、酔った、37歳

【2018/12/5】

12月4日

 

早いもので師走入り、
とは思えないくらい
暖かな風が、南から。
海の向こうの、潮の
香り、かをり、漂う。

 

昨日、広島から半日
かけて帰宅、そんな
非日常が日常、慣れ
バンドワゴンは走る
この手と足で、走る
動かす、意志を持ち。

 

37歳になって、もう
ベース弾いて20年超
まだまだ気付くこと
できないこと山ほど。
ここまできたならば
できることに、注力、
目を開き、目を閉じ
全部観て、全部忘れ
その場その時瞬発力
勝負したいね、意地。

 

憧れ、いまだにあり
まぶしいならそれで
とても幸せ、眩しい。
憧れ、そこにはまだ
遠くていい、距離が
近づくのはまだ、先。
うれしい、たのしい
そんな時間はほんの
束の間、それがいい。

 

大切なものは大切に
当たり前、常に真摯
嫉妬はあるだけ邪魔
相手の気持ちを思う
想像力、必要ですね。

 

ベース抱えて、今日
は、も、から、さぁ
また新しい一日、を
始めることにしてさ、
酒飲んで、酔い、よ
さめないで、ね、は
嘘で、よいから覚め
気付く、どまんなか。
核心、どこ、君のは。

 

バカみたいな人生を
バカのまま、いこう。

 

The Birthday 先日
中野サンプラザで、
爆音浴びて、目眩が、
世界一の曲、書いて
やる、夢かと思った
涙がこぼれ、、いや
いい景色を、見たの
忘れない、俺だけの。

 

 

福岡&広島、ツアー
毎度その時だけの曲
たくさんあるからね、
やってて楽しいです。
無論出し惜しみなし
いくらでも何時でも
DOの曲、愛おしい、
観て聴いて、感じて
ありがとう夢のよう
今日も酒に酔う、宵。

 

ロックンロールでも
ロケンローでも別に
呼び方なんでも、良
この時間だけは特別
それって、いいよね
スペシャルなお時間
頂いてもよいかな?
酔ったかな?これは
更新してから悔やむ
パターンのやつ、酔。

 

まだまだこれからも
しぶとく低音鳴らす
生きのばす術、心得
知らんけど、生きる。

 

ばいばい、おやすみ。
そう言ってまた、盃
一杯にするフォエバ。

 

 

 

散らかせ

【2018/11/29】

1128

 

最近、ツアーのため毎週

金曜移動→夜に目的地着。

土日ライブ、

月曜帰京→夜帰宅。

というようなサイクルが続いているため、

火水あたりはちょっとのんびり。

 

昨日今日はしかし、近頃のライブを経て

新たにつかみつつある指先の感覚を確認、

新曲リハに備えての練習と共に。

 

感覚に関する細かなことはさておき、

(すぐ成果が発揮されるとも限らないので)

先日26日に、小坂忠さんのライブを

国際フォーラムで観られたのも影響。

 

ホールでの音の出し方、大きな会場では

より演奏者の個性が色濃く出る、うま味。

勉強になります。”哲学” 感じる人の演奏

埋もれずにしっかり響いてくる=伝わる。

鳴らし続けてきた人たちを観て思うこと、

自分も鳴らし続けたい、単純明快、です。

 

今年はサポートの現場でもいろいろ経験、

自分の”哲学”どこにある、と向かい合い、

どこ行っても結局自分でしかない低音に

そうかそうかそうなのねでもだから好き

と、またひとつ学び、さあさあここから。

 

いろんな人と鳴らせること、幸せですね、

個々にそれぞれの葛藤があって、ふーん、

だからこの人はこういう音鳴らせるのか

と、一緒に鳴らすと、好きになっちゃう。

たくさん好きな人できて、よきことです。

 

三連休中日には名古屋で独演会。

たくさんのご来場、ありがとう。

 

二月以来の独演会、久々でした。

こちらも徐々に型ができてきて、

また今後も楽しくなりそうです。

より深く、より近く、自分自身

見つめ合っていける場、しよう。

 

カバー曲、新ネタ。

「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星をしっている」

原田郁子さんの曲、

青葉市子さんのカバーで知る。

あぁ、自由だよ。

世にはステキな曲、たくさん。

 

「我に返るスキマを埋めろ」

トモフスキーさんの曲、昔から好き。

かじかんだ指で集めた夢を、はぎ取られないように。

 

心の底から共感できる音楽って

なかなかないかもしれないけど、

思いがけず出会ってしまえば幸。

だから、散らかせ散らかせ散らかせ

散らかした先に、あるさ光る結晶が。

まだまだ音楽には、夢がありますね。

 

そして、

あるさ、僕にはおチョコに日本酒が。

よい酔い、週末は福岡&広島、だよ。

ウェルカム師走、

まずは車を走らせる。

 

じゃ、ツルッと弾き直します。 (REC時ベーシスト言いがち)

【2018/11/21】

1120

 

晴れ。

 

日なたは暖かくも、

だんだんと冬の足音。

 

バンドお休みの本日。

名古屋独演会に向け、

そろりと個人練。

 

ここ最近のモードを踏まえ、

柔らかくやさしく、鳴らす。

 

バランス(と言っても、ひとり)

音量感、音色、愛してんぜ(それはKREVAさん)

独演会も開催10回を越えているので

ちょいと大人になりたくもあり。

最近聴いて好きになった曲、

前から好きでやってみたかった曲、

あとはなんとなく即興で紡ぐような感じの曲。

今回もいろいろやります、11月24日お昼。

名古屋sunset BLUE。

ぜひお出かけくださいマセ。

 

さて、改めて最近のこと。

 

先週末、富山&福井と、鶴との旅。

毎DOお馴染み、同い年の鶴お三方。

1981~82年組、愛すべき。

 

出会いがいつだったのか、もはや遠い記憶。

ただ、彼らの音楽、そしてライブは

今となっては私の大事な刺激、時に羨望の眼差し。

祝15周年、連日打ち上げで飲んでいたら、

福井ではちょっとオカシなテンションになって記憶おぼろげ。

へなへな、無事帰京、ようございました。

 

神田くんとは会うたびに即ベース談義花盛り、

お互いのベースを弾き比べたり、

(といっても私はいつも同じオンボロ)

アンプ&エフェクター、果ては魂スピリット界隈にまで

いくらでも話してられるな、まさにSOULMATE。

今回も刺激タップリ、次会う時にはまたお互い成長、

スクスクとまだまだ育ち盛り、個人もバンドも、さらに。

目指せデッカイ太陽(それは、ちぇるしぃ「宇宙野郎」←知らべてネ)

 

そんなこんなで、ツアー「スクービーとスクービー」。

 

千葉→盛岡→福島とイイ感じに公演を終え、

お次は名古屋&大阪。

昔の曲も最新型に、

最近のちょいと埋もれてた曲も、

ココ掘れイマ掘れ、光浴びせて。

イイ企画じゃないか、

楽しみましょう&楽しんでください。

 

人って変わるなぁ、とここのところ。

時を経て、変わっていく自分を他人を

変わったよなぁエヘヘと笑い合ったり

つまんなくなっちまったなぁ、と叱責

but 変化を楽しむ、見てるのはまだ先、

だからこそ。オモシロイね、楽しもう。

 

ベースの醍醐味

【2018/10/31】

1030

 

晴れて暖かな一日。

 

あら、秋深まってきてたのにね

と、ちょい油断しているうちに

10月が終わってしまう。

 

今月は色々なライブあって

楽しみながらも、鍛えられ。

 

Grapefruit Moonでの即興ライブでは

自分の手のうち、あるいは手の外(?)

を思い知らされたり、驚かされたり。

 

磔磔ではテーマを設けた選曲で

普段あまり演奏しない曲を引っ張り出してみたり。

 

BRADIOとのCLUB QUATTROも

ダンスミュージック異種格闘技戦といったところ、

セッションも含め、一人一人のアプローチの違い

同じ場で一緒に鳴らしていると、違っていること

そこがとても面白いし、魅力的に思えてくる。

 

どうしても、いや、DOしても出てしまう自分、

DOしたってコボレ出てきてしまうジブン。

隠したり取り繕ったりしたくなる部分こそが

ホントはオモシロいのであるぞ、ロックやな。

 

フィロソフィーのダンスとのキネマ倶楽部、

さっきライブの音を聴いていたら、

オトコたちの歓声、熱気がスゴイ。

好きなものを好きでい続けること、

大事ですね、イキガイの歌詞みたいですね。

ステキなイベント、呼んでくれてありがとう。

フィロのスさんたちとは12月にリリースも、

ここからまた色々楽しみ。

 

翌日は家入レオさんサポートで流通経済大学学祭へ。

新しいホール(体育館?)で、ドカンと鳴らす。

ベースの低音が会場いっぱいにミチミチている、

指一本で、今まさに世界を支配しているような

ちょっとだけ悦に浸ってしまう瞬間(その分、責任重大)

コレまさにベースの醍醐味。よき低音でございました。

 

もちろん、歌や周りの音&演奏に

影響され支え合ってこそのベース。

あっちからの音でこっちの音が、

今度はそっちの誰かさんと通じ、

あっちゅー間にブワッと目の前

イイ音の連鎖、素敵じゃないか。

(「Wouldn’t it be nice?The Beach Boys

  今月のベーマガ連載にも連鎖しました。)

 

どの会場にもイイ顔あふれ、

やっぱ音楽は素晴らしい。

参加者のそのすべてに感謝。

ありがとうございました。

 

来月からはツアー「スクービーとスクービー」幕開け。

ナウ絶賛リハ中。

 

いろんな曲を引っ張り出して

音源聴き返したりしながら、

みんなで「うへー」やら「おー」とか

やんややんややり合いながら、

セットリストを練りネリと。

 

これは楽しくなりそう、

いい曲たくさん盛りだくさん。

初日は千葉から。

皆さん、DOぞいらっしゃいませ。

 

さて、まずは週末、イナ戦ツアー

徳島&松山公演にご一緒。

久々の四国、気合入れて、

まずは向かうところから。

それでは皆さん、

ライブハウスでお会いしましょう。

PUNK ROCK IST NICHT TOT!(reprise)

【2018/9/16】

9月16日

 

静かな夜、虫の声、秋の入口。

 

前回ライブが「夏の魔物」、
それから大阪OTODAMAが中止になって、
しばらくライブお休み中。と、そのスキに、
音やら演奏やら磨けるとこは磨きましょう。
で、やっとこさ明日はOTODAMA SEA STUDIO、
そうとなれば気分はまだまだ夏、浜辺でダンス。

 

 

先日、バンドで某レコーディング。
一曲だけ、お初のスタジオ、お初のエンジニアさんと。
ベースはいつもの、ジャズベさん。

 

飾り気のない、素朴な音が、好み。
キチッとし過ぎず、でもダラリともし過ぎず、
たまにちょっとだけ遊びを混ぜて、ニヒニヒ。

 

 

結果、いい音&いい演奏が録れた。
まだ完成されたものは聴いてないけど、
仕上がり楽しみ、続報お待ちください。

 

 

スタジオに行くDO中、その日録る曲とは無縁の
Billy Childish、アンソロジー聴きながら。

 

 

ミルクシェイクス、マイティ・シーザーズ、ヘッドコーツ…と
イギリスのガレージ・シーン最重要人物。であり、絵描きさん。

 

来日公演、たくさん観に行ったな。旧新宿ロフトとか。
音が小さくて、これがパブロックか!と感動した記憶、
歌以外、ほぼ生音だったんじゃないかな。粋でござい。

 

クセが強い、カッコよい。我が道をゆく、その姿。
ギターがヘタでもいいのです、そうしたいんだから。

なんだか妙に、グッときたな。そんな、夏の終わり。

 

行儀よくしてばかりじゃいけません、

やっぱボク、パンクロックが好きだ。

 

PUNK ROCK IST NICHT TOT!

(書いてから、これ前にも書いたな、と気が付きました。)

 

※前回のブログ。

Punk Rock Ist Nicht Tot !!!

 

前後際断

【2018/8/22】

822

 

夜涼しくなってきた、はずが

今夜はちょっと蒸し暑さ残る。

でも外に出ればやはり涼しい。

ちょいと歩く、缶ビール購入。

 

昨日。

三年振りに、人間ドック受診。

胃カメラ飲むと人間ってのは

ただのクダだな、作りは簡単

空気で膨らむし、水がたまる

そんなことに、気付かされる。

 

煩悩の数、迷い&惑い、アホくさいな、

クダなんだから、上から下へ流すのみ。

 

待ち合い室で、NUMBERやTARZANなど、

日頃、手に取らないような雑誌を読むのも、

病院と美容院での醍醐味。「凹な腹筋特集」

どれどれ、いっちょ目指してみようか。

筋トレ、うーん、今日は暑いし、明日から。

 

弦が4本、フレットが20個ほどのベースさん、

向かい合えば合うほどに、難しいなぁと思う。

 

20年くらい弾いてきて、存在としては身近に、

でも気持ちはまだまだ遠いのかも、なんてことを

思いながらセンチメンタルに浸るわけでもなく、

わからないからこそおもしろいんだなぁ、なんて。

 

『禅とジブリ』という本。先日、代官山蔦屋にて購入。

禅の教えがジブリ作品と結びついて明解、おもしろい。

気付かされること多い、人は人、自分は自分。無一物。

 
 
https://www.youtube.com/watch?v=qz2efshhuq4
 
 

アレサの音源を改めて聴き返しながら、その魂に触れ

歌声の威厳、気品。これこそソウル・ミュージック。

 

赤子のようであれ、というのが禅のひとつの境地とのこと。

前も後ろもない、前後際断。今しかない、今を生きる。

いや、まぁ、現実には難しい、そりゃあれこれ考えます。

 

坐禅でも組んで、思いに耽ろう、

でもありゃりゃ、まず足が痺れ、

修行僧、思うようにいきません。

 

 

名古屋で独演会します、お次は名古屋で、と思ってたところ

sunset BLUEが周年なんで是非、とのお話もいただき、是非。

 

詳細は下記です。

 

自分の中のもろもろとした

煩悩さえも低音漬けにして、

お届けします。真っ昼間から。

 

—-

 

2018.11.24(土)

「ナガイケジョー独演会 in 名古屋」

[会場] 名古屋 sunset BLUE

12:00 OPEN / 12:30 START

[出演] ナガイケジョー

[TICKET]前売¥3,000 / 当日¥3,500(ともにドリンク代別途)

☆sunset BLUE Official HP 「EVENT」内

チケット予約フォームよりご予約ください。

[INFO]sunset BLUE 052-325-3410

http://sunset-blue-nagoya.com/